ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ――本当に使える!体当たり英語
【第3回】 2011年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
高野 登 [前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長]

【第3回】いまだから明かす
「アングラバー」で学んだ
“ちょっとアブナイ”英語

1
nextpage

日本でも稀有な経歴のホテルマンで、前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長の高野登氏。高野氏しか語れない、文法ハチャメチャでも「本当に使える!体当たり英語」の極意を語る5回連載の3回目。このたび、『リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ』を刊行した高野氏。昼は表の英語、夜はストリートバーで裏の英語を駆使し、ストリート・スマートな人生を歩んできた。どうやってアメリカで20年も、“体当たり英語”で生き抜いてきたのか?(構成:藤吉豊、撮影:橋詰芳房)

アングラバーで、自分の思いがストレートに伝わる表現とは?

  マンハッタンの地下鉄14丁目駅の近く、当時の私のアパートから近いところに“BAR Underground”(以下、略して「アングラ」)はありました。

高野 登(Noboru Takano)
人とホスピタリティ研究所所長。前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長。1953年長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、単身アメリカに渡り、20年間、ヒルトン、プラザホテルなどでホテルマンとして活躍。90年にはリッツ・カールトンの創業メンバーとともに開業に尽力。94年以降、日本支社長として、大阪と東京の開業をサポート。日本にリッツ・カールトンブランドを根づかせる。

 「ザ・キタノ・ニューヨーク」の仕事を終えて帰宅する夜の11時すぎには、ユニークな客たちでにぎわっていました。
  ある日、開店準備中の「アングラ」をのぞき込むと、バーテンダーと目が合いました。
  彼はニヤリと微笑み、片手で私を手招きしました。

「Hi, I see you every once in a while. You live around here?」
(やあ、ときどき見かけるね。この辺に住んでいるのかい?)

  この日から私は、「アングラ」に通い始めるようになります。

「英語は、ただ言葉を話そうとしてもダメ。『どういう想いを伝えたいのか』という目的がはっきりしないと、相手に通じない」
  このことを教えてくれたのは、「アングラ」のバーテンダー、ジミーでした。
  ニューヨークに着いたばかりの私は、頭のなかにある「教科書英語」を思い浮かべて、ジミーや常連客に、

「How are you?」
「How do you do?」
「Good evening.」

  と、かしこまって挨拶をしていたのですが、ある日、ジミーにたしなめられたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高野 登 [前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長]

人とホスピタリティ研究所所長。前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長。1953年長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、単身アメリカに渡り、20年間、ヒルトン、プラザホテルなどでホテルマンとして活躍。90年にはリッツ・カールトンの創業メンバーとともに開業に尽力。94年以降、日本支社長 として、大阪と東京の開業をサポート。日本にリッツ・カールトンブランドを根づかせる。その後、長野市長選に出馬したが、現職に651差で惜敗。全国から企業研修、講演依頼があとを絶たない。


リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ――本当に使える!体当たり英語

前ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長で、『リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ』を刊行した高野登氏が語る「本当に使える!体当たり英語」。超一流ホテルの“表の英語”とストリートバーでの“裏の英語”。ここにしかない“生きた英語”の極意を語る5回連続企画。

「リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ――本当に使える!体当たり英語」

⇒バックナンバー一覧