65歳夫婦の一例(シミュレーション)
65歳時点の貯蓄額1500万円(住宅ローン完済)
65歳以降の年金収入月額20万円(年間240万円)
年間生活費:65歳当初265万円(内訳:固定資産税や管理費などの住居費40万円、保険料15万円、食費・日用品費100万円、水道光熱費24万円、通信費18万円、冠婚葬祭レジャー費18万円、医療費・健康管理30万円、家具などの臨時出費20万円、ただし食費などは1%の物価上昇を見込む)

年金収入のみの場合
 年金生活に入った途端、毎年貯蓄を取り崩していくので、グラフの貯蓄残高は右肩下がりになる。これは、まるで滑り台を滑っているかのように貯蓄額が減っていくので精神的に辛いものだろう。すると100歳前に預貯金が底をついてしまうことになる。

 次に先ほどの預貯金、年金、生活費や物価上昇率を同一条件にし、毎月の収入がプラスされた(A)および(B)の例を見てみよう。

(A)65歳~80歳まで初級~中級編で月に3万円収入を増やせる場合

 年金生活に入って80歳まで15年間にわたり、月3万円のプラス収入が得られるとすると、グラフのように貯蓄を取り崩すペースを遅らせることができる。月3万円ずつでもマイペースで80歳まで続けられるだけで、後半の赤字を避けることも可能になってくる。

(B)65歳~75歳まで中級~上級編で月に7万円収入を増やせる場合

 さらに、もう少し稼ぐ力を高めて75歳まで月7万円のプラス収入を得られるならどうだろうか?次のグラフのように、年間50万~60万円は貯蓄残高を増やすことも可能だ。
 また、この条件では100歳時点でも、貯蓄残高が700万円台を維持しているので、健康さえ気をつけて生活すれば、安心して長寿も迎えられるだろう。