ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

被災地・陸前高田市に誕生した
「驚きの」木造戸建て仮設住宅

浅川澄一 [福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)]
2011年11月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東日本大震災の被災地を回りながら、住まいについて考えさせられた。被災者が暮らす各地の仮設住宅はなぜ、同じ方向を向いた平行配置なのだろうか。

 6戸や8戸の長屋は、いくつもの蒲鉾を置いたように整然と並んでいる。軍隊の兵舎を思わせる単調な作りである。生活を営むという雰囲気ではない。

一般の仮設住宅は玄関を出ると目の前は向かいの棟の裏側(大船渡市)
Photo by Sumikazu Asakawa

 なぜか。入居者が玄関を出ると向かいの棟の裏側だからだ。声を掛けようにも姿が見えない。もし、玄関が向かい合わせだったら、入居者たちの日々の付き合い方はもっと深まるだろうに、と仮設住宅を目の前にしてまず思った。玄関先に向かいの玄関があれば、立ち話が井戸端会議に発展する可能性がある。

 長屋棟の間に大きめのテーブルを持ち込み、周りに椅子やベンチを置きやすい。そこへ近隣者が集い、会話が弾めば交流が進むだろう。互いの住まいに行き来が起こり、助け合うという気にもなる。

 「孤独感をなくそう」と遠くからボランティア団体がやってきて、仮設住宅の一角でイベントを開くことが多い。だが、棟の位置を変えるだけで、居者同士の付き合いが自然に始まるはずだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浅川澄一 [福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)]

あさかわ・すみかず/1948年2月東京都中野区生まれ。東京都立西高校から慶應義塾大学経済学部に。1971年日本経済新聞社に入社。小売り・流通業、ファッション、家電、サービス産業などを担当。87年に月刊誌『日経トレンディ』を創刊、初代編集長を5年間勤める。93年流通経済部長、95年マルチメディア局編成部長などを経て、98年から編集委員。高齢者ケア、少子化、NPO活度などを担当。2011年2月に定年退社。同年6月に公益社団法人長寿社会文化協会常務理事に就任。66歳。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧