今後、フィンテックの影響力が増す上で、既存の金融機関はどう対処すべきか(連載第5回参照)。「世界経済フォーラム」で調査・研究をしてきたジェシー・マクウォータース氏の来日を機に、校條浩氏が対談した。
Photo by Toshiaki Usami

校條 浩 世界中の金融機関の中心的な人物と交流し、フィンテックの研究をされていますね。

ジェシー・マクウォータース はい。私は、スイスにある国際的な組織「世界経済フォーラム」でイノベーションと金融サービスに関する研究をしています。

 世界経済フォーラムのメンバーには銀行や保険会社、資産運用会社など多くの金融機関がおり、われわれはフィンテックが金融システムの競争力にどう影響するかを調べてきました。

 延べ400人近くの専門家たちへのインタビューを行い、世界で25以上のワークショップを開いてきました。金融大手のリーダーたちだけでなく、フィンテックのベンチャー企業の方々とも議論を重ねてきました。

校條 いつごろからですか。

マクウォータース 2013年末ごろからです。当初、既存の金融機関はフィンテックに対して楽観的でした。金融機関には規模があり、顧客もいて、規制も厳しいと考えていたからでした。