正田連載
スマートスピーカー「Amazon Echo」

 Amazon EchoとGoogle Homeが日本でも発売となり、スマートスピーカーが話題を集めている。

 しかし、スマートスピーカーを導入するにはネット回線が必要。ネットはスマートフォンだけで家の固定回線がない人は少し工夫が必要だ。

 そこで、家のネット回線がない人に手軽な通信手段を検討してみたい。この機会に家のネット回線をミニマムなものにリストラしたい人も対象だ。

まずは自分に必要な回線を知る

 この連載でも何度か格安SIMで自宅回線を作る方法を紹介してきた。月間容量3GBなら月額1000円以下、工事不要で即利用可能で転居も自由。データ専用契約なら解約はいつでも可能となれば、速度や容量以外には手軽な回線としてかなりいい選択だ。

 しかし問題は容量で、動画を連続視聴するなどすればすぐに数十GBが必要。大容量に対応する格安SIMのプランを使うとなれば、ランニングコストだけ見れば光ファイバーを引いていもいいくらいのお金がかかってしまう。

 今回はスマートスピーカー用とそれに関連するデータ用ということで、あまり容量がかからないことも予想されるが、スマートスピーカーの便利な機能のひとつに、ネットラジオの受信がある。

 ラジオならば動画ほど極端に消費はしないものの、1日中聞いているということがほぼ毎日になるとやはり容量問題が出てきてしまう。

 ただ、格安SIMのなかにはBIGLOBEの「エンタメフリー・オプション」のようにYouTube、AbemaTV、radiko.jp、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWAなど一部の動画や音楽配信サービスの利用はデータ量を定額とするサービスもあり、対象サービスの範囲内に収まるならば格安SIMの利用価値は出てくる。

 エンタメフリー・オプションは月額980円(データ専用回線の場合)で、3ギガプランと合わせて900円+980円+3円+税の2034円。特定サイトだが動画見放題でいつでも解約可能な回線としてはなかなかリーズナブルだ。

 そういったオプションをもってしても容量が足りそうにない、または安定して高速な通信をしたいなら格安SIMをあきらめて安いプランのADSL、もう少し高くなるがWiMAXや光ファイバーを検討すべきだろう。

Wi-Fiだけならモバイルルーターが便利
スリープ設定解除を忘れずに

 そして、次に問題なのが無線LAN(Wi-Fi)だけでよいか、有線LANが必要かどうか。スマートスピーカー自体は無線LANで接続するものがほとんどで、ネットワークから赤外線リモコンの光を発する機器、Chromecastなどテレビに付けるドングル、そのほかのIoT機器もほとんどが無線LAN接続となる。

 それならば、適当なモバイルルーターを購入し、SIMカードを入れておけばもう自宅回線は完成だ。

 SIMフリーのモバイルルーターでは、NECプラットフォームズの「Aterm MR05LN」は2万円前後から入手できるが、ドコモネットワークの格安SIMならドコモブランドのモバイルルーターが使える。

 中古まで範囲を広げればもっとも旧式な「L-09C」なら1000円程度から入手でき、キャリアアグリゲーションや付属クレードルによる有線LANに対応した「HW-02G」でも5000円程度から入手可能だ。

 モバイルルーターを自宅回線で利用する場合に必要なことは、設定によりスリープモードにならないようにすることと、「APアイソレーション」といった同じ無線LANに接続している端末同士の通信を禁止する設定を解除することが必要だ。

正田連載
Wi-Fiの電波を停止してしまうので、ネットワークスリープは無効に

 スリープモードはIoT機器が接続していればそのままでスリープにならないことが多いが、念のために無通信状態で本体がスリープしないような設定をしておく必要がある。

 設定はモバイルルーターに接続した機器から、モバイルルーターのIPアドレスにウェブブラウザーでアクセスすることがほとんど。そして、モバイルルーターの説明書には設定画面のアクセス方法からスリープや省電力の設定などの記載があるので、必ず確認して設定しておきたい。肝心なときにモバイルルーターが休眠状態では意味がない。

正田連載
APアイソレーションはオフにしておかないと、機器同士の通信ができなくなる

 「APアイソレーション」はオンにしておくと同じ無線ネットワークに接続する機器同士で通信ができない。これではスマートスピーカーとChromecast間の通信ができないことなり、まったく意味をなさない。

 そして、忘れてはならないのが電源につなぎっぱなしにしておくこと。連続運転ではすぐバッテリーがカラになってしまうので、ACアダプターはつなぎっぱなしだ。専用クレイドルが用意された機種はそれを使うといいだろう。

有線LANが必要ならば家用モバイルルーター

 現在は無線LAN機器がほとんどだが、今後有線LANを必要とする機器が増えてくる可能性がある。

 安定した通信が必要な機器ほど有線LANが有利で、動作の確実性のために有線LANのみという機器も登場してくると予想される。特に動画視聴の機器の場合、有線LANでないと安定して視聴できないケースもある。

 格安SIMで有線LANを確保するためにはいくつか方法がある。まずはモバイルルーターのクレードルに有線LAN端子が付いているものがあり、それを利用する方法だ。

 前述のAterm MR05LNは別売りのクレードルを用意する必要があるが、ドコモのモバイルルーターはクレードルやACアダプター付属機種が多く、そのままでも有線LANが利用できる。たとえば中古でも手頃なHW-02Gなら、付属品が揃っていればすぐ有線LANの利用が可能だ。

 通常設定では子機側のLANとして動作するが、光ファイバーやADSLの無線LANアダプターとして動作させることもできるので、利用の前には設定を確認しておこう。

 過去のごく一部の機種は、クレードルに有線LAN端子があるものの光ファイバーやADSLに接続しても家庭用の無線LANアクセスポイントとしてしか動作しないものもあるので、新たに購入する場合は必ず説明書などで仕様を確認しておくほか、中古購入の場合は付属品も確認しておきたい。

正田連載
NECプラットフォームズの「Aterm HT100LN」
正田連載
有線LANも装備している

 また、自宅回線専用で固定利用だけなら、家庭用のモバイルルーターとなるNECプラットフォームズの「Aterm HT100LN」や同等機能を持ったものを使う方法もある。

 スリープモードや電源を接続したあとにいちいち電源スイッチを入れる必要もなく、動作確実なので便利だ。ただし、モバイルルーターに比べると若干割高で、「Aterm HT100LN」以外は主に業務用途を想定した機種なので価格も高い。

リモートや動画視聴などを考慮するならADSLや固定回線も検討を

 それでも、容量が多くなるならWiMAX、さらに安定した利用を求めるならADSLや光ファイバーを検討すべき。接続した回線の安定度でも筆者の経験上、モバイルをベースとしたものよりも、ADSLや光ファイバーといった固定回線のほうが上だ。

 また、外からVPNで自宅にアクセスするならば、自宅のルーターにグローバルIPアドレスが振られている必要があり、ルーターにVPNの機能が備わっていることが条件となる。

 しかし、格安SIMのほとんどは格安SIM全体でプライベートネットワークとなっていることが多く、モバイルルーターもリモートアクセスにも対応しない。

 そこで、安く利用できる固定回線で注目なのはADSLだ。一部でサービス終了が近く申し込みも終了しているものがあるが、Yahoo! BBが今、安く提供している。

 アナログ固定電話回線がある場合に限定されるが、Yahoo! BBのADSLはYahoo!のウェブサイトから申し込みで今なら月額1349円(NTT東日本エリア)から利用可能だ。アナログ固定電話がない場合は残念ながら3175円と高くなる。

 また、キャッシュバックなどを含めたトータルコストではマンション向け光ファイバーが2年間利用で平均月額2000円以下というものもある。

 価格.comの「プロバイダー」などで検索できるが、キャッシュバック方法や条件が複雑なので、安く利用するならきちんと手続きのスケジュールを管理することが必要となる。

 Yahoo! BBのADSLにしても特典満載の光ファイバーにしても長期契約した場合の金額なので、その点は十分注意してほしい。

 今後、回線が不要となった場合には、長期契約の更新月に解約する必要があったり、工事費の精算が別にあったりと複雑なので、しっかりと条件を確認した上で、スケジュール管理をして損のないように利用してほしい。

公衆Wi-fiの利用は少し厳しい

 そのほか、究極の安い回線として公衆無線LANを使う方法もあるが、これをスマートスピーカーなどに使う自宅回線に使うのは少し厳しい。

 公衆無線LANの子機とルーター機能が同時に備わるような機器が必要で、モバイルルーターの一部で実現できるが、筆者の経験から安定して接続状態を維持することには向かない。

 これからどんどん発展を遂げるスマートスピーカー。自宅回線がないというユーザーも格安SIMをはじめお得なサービスを活用して、ぜひ楽しんでほしい。