理由はともかく、一般に、ボクサーや力士のような格闘家が暴力を振るった場合、道具を使わなくても凶器を使ったのと同程度の罪と認定されることが多い。被害者が力士であったとしても、「暴力でけがをさせた」ことが明らかになった時点で、日馬富士には引退以外に道はないと思われたのだが、多くのメディアが引退を勧告せずに様子を見ていたのも、かなり異様だった。

なぜか非難される貴乃花親方

 そして、極めつきに異様なのが、貴ノ岩の件を、日本相撲協会の調査に協力せずに、警察に届けた貴乃花親方が各方面から非難されていることだ。

 普通、暴行事件では、被害者本人およびその関係者には同情が集まり、犯人が社会的にこれでもかと非難されるのだが、これはどうしたことか。

「利害関係」という一点で見るなら、近年の大相撲人気もあり、取材の都合を考えたメディアが、日本相撲協会および協会中枢に近い相撲社会の主流人脈と仲良くして、協会に都合のいい情報や印象を流したいと思う気持ちは理解できなくもない。

 もちろん、ジャーナリズムとしては腐った姿だが、今に始まったことではないし、それが「利害」なのだとしたら、サラリーマンやフリーランスの「メディア関係者」(「ジャーナリスト」と呼ばないことに注意)を責めるのは酷というものなのだろう。

 筆者はあまりテレビを見ないが、それでも日馬富士引退を惜しむ街の人の声が放映されたり、貴乃花親方を非難する関係者(日本相撲協会の身内的な「有識者」を含む)の意見が無批判に伝わってきたりするのを、見たり聞いたりする。したがってわれわれは、利害に基づく“バイアス”があると思ってメディアの情報に接しなければならない。

 筆者の理解するに、貴乃花親方は、日本相撲協会関係者や暴行現場にいたモンゴル出身力士らを「信用できない」から、警察に処理を任せて、その結果を待っているということなのだろう。

 この対応自体は、筋が通っているように思われる。何より暴力沙汰であり、刑事事件として処理すべきかもしれない事案なのだから、親方が日本相撲協会の理事であったり、巡業部長であったりする立場よりも、事案そのものの公正・適切な処置を優先することに何ら問題はない。