HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

病院に行く?それとも診療所に行く?
医療機関と診療時間でこれだけ変わる医療費のカラクリ

早川幸子 [フリーライター]
【第19回】

 同じ会社に勤めるAさんとBさんは、連日の忘年会で飲み過ぎの日が続いていた。ついには2人とも胃痙攣を起こし、同じ日の夜中に七転八倒の苦しみを味わった。

 Aさんは、翌日の午前中に会社を半休して、会社の近くにあるかかりつけクリニックを受診した。一方、Bさんは痛みに耐えながらも出勤。1日我慢したが、一向によくならないため、その日の深夜に自宅近くの大学病院を受診した。

 診療内容はふたりとも全く同じで、医師の問診を受けて薬の処方せんを書いてもらうというものだったが、Aさんが窓口で支払った医療費の自己負担額は1010円。一方、Bさんは7700円。診療内容は同じなのに、Bさんの自己負担額のほうがAさんよりも6690円も高かったのだ。

 AさんとBさんの違いは、「受診した時間」と「受診した医療機関」だが、ここにはどのような医療費の仕組みが隠されているのだろうか。

時間外、深夜、休日に受診すると
初診料には特別料金が加算される

 日本の医療費は、国が価格を決める公定価格制だ。病院や診療所で行われる診察、検査、処置、手術などの医療行為は、ひとつひとつ国が価格を決めており、この価格を「診療報酬」という。診療報酬は点数で表示されており、1点あたり10円をかけたものが実際の医療費なる。

 たとえば、外来での静脈注射30点(300円)、点滴(500ml以上)95点(950円)などと決められている。そして、実際に行った診療行為の点数を積み上げ、その合計がその患者が使った医療費の総額になる。患者はこのうちの3割(70歳未満の場合)を窓口で自己負担し、残りの7割についてはその人が加入する健康保険に医療機関が請求する仕組みになっている。

 診療報酬のひとつである初診料は、その病気で初めて医療機関を受診したときにかかる診察料で、その中には問診、触診などの基本的な診察に加えて、血圧測定、聴診器による簡単な循環器の測定などの医療行為が含まれている。

1 2 3 4 5 >>
このページの上へ

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧