Photo:REUTERS/AFLO

時の政権の都合次第で
身勝手な主張を繰り返す韓国

 最近、韓国の文在寅大統領が持ち前の“駄々っ子”ぶりを如何なく発揮しているようだ。“駄々をこねる”とは、子どもなどがわがままにふるまい、聞き分けのない行動を取ることをいう。その意味では、韓国の文大統領は、明らかに“駄々っ子”の類に入れてもよいだろう。

 文大統領は、2015年に日韓両国で取り決めた日韓合意を一方的に見直す姿勢を示している。国家間の合意をこうも勝手に、自分に都合よく反故にするような国を信用できないのは当然だろう。“駄々っ子”政治と批判を受けても仕方がない。

 2015年12月28日、日韓の両政府は慰安婦問題が “最終的かつ不可逆的に”解決されることを確認した。それにもかかわらず、12月下旬、文大統領は合意に至るプロセスに問題があったと言い始めた。

 日韓合意は当時の岸田外相と尹(ユン)韓国外交部長官(外相)が確認の上、記者会見を行った。また、安倍総理と朴大統領(当時)も内容を確認した。国家間の最終的な合意が形成されたのは明らかだった。

 合意内容を履行するのは、国際政治以前に社会の常識だ。韓国にはこの常識が通用しない。今後も韓国は時の政権の都合次第で子どもが駄々をこねるように、身勝手な主張を繰り返すだろう。わが国は、韓国がそういう国だと認識すべきだ。