多数の仏メディアで話題となった全仏ベストセラー!
世界22ヵ国で翻訳された猫に教わる人生指南書の日本語版『猫はためらわずにノンと言う』がこのたび遂に刊行された。
他人の目は気にせず、決して媚びず、欲しいものは欲しいと言い、プレッシャーに屈せず、エレガントで自信に満ち、ひとりでも平気……子猫の時に事故にあい、左前足を失くした猫ジギーが、そんなハンディキャップをものともせず、むしろ「それが何か?」と気にもかけずに振る舞う姿は、常に他人の目を気にして、何かに追い立てられ、せわしく動きまわっている人間たちに、自分らしく生きるために本当に必要なことは何かを伝える本書から、一部抜粋して紹介する。
猫を飼っている人、猫好きな人だけでなく、猫のように、そこにいるだけで自然と一目置かれる存在になりたい人にも役に立つ!
何気なく見ていた猫たちの日常の仕草には、猫だけが知る深い人生哲学が込められていた!明日から、猫を見る目が変わります。

まずは自分のことを考えよ

猫はわれわれを愛撫しない。
われわれを使って自分を愛撫するのである。
(リヴァロル/言語学者、批評家)

 猫が生きていくうえで最も大切で唯一の目的ともいえるものは、「自分の快適さを保つこと」であるようだ。

 猫の生き方をまねしようとするなら、私たちも猫にならって多少利己主義になり、自分のことを第一に考えることが必要かもしれない。
 でも、それは自分の損得だけにこだわったり、自己中心的なナルシシストになったりすることではない。

 時々でいいから、いつも習慣のようになっている他人への気配りをやめて、自分の心地よさをほんの少し優先しようとするだけでいい。自分にかまうことを忘れてしまったら、ほかの誰かのために何かすることなんて、できっこないのだ。

 物質的にも精神的にも、他人の世話をやく前に、自分の面倒をみることをまず考えよう。
 自分の面倒を一番よくみることができるのは、間違いなく自分自身だ。
 だって、自分が何をしてほしいかは、自分自身が一番よく知っているわけだから。
 自分自身が幸せで生き生きとしていれば、あなたのそばにいる他人にもそれを分け与えることができるはずだ。

 さぁ、ちょっとだけ猫のまねをして、あなた自身の縄張りを作ろう。

 あなた自身が心も体も幸福で心地よくいられる場所と時間、それを猫のように大切に守ろう。
 猫は自分にはそれだけの価値があると、ちゃんと知っている。だから、あなたも毎日、自分に少しでも楽しい時間とご褒美をあげるのを忘れないで。

 だって、あなたはそれに値する人なのだから。

自分のこと、
自分の快適さを考えて、
自分自身の世話をすればいい。

自分の世話は誰よりも
自分が一番うまくできるのだから、
他人を当てにしてはいけない。