優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

外資系コンサルでは常識!
「パンチラ」とは?

 パワーポイント(以下、パワポ)はデジタル時代の紙とペンです。パワポで資料をつくるとき、大切なことはたった1つです。

「パンチラ」に、そのシートで伝えたいことを1行で書く。

 パンチラとは、パワポ表題のすぐ下にあるテキストボックスで、正式には「パンチライン」と言います。下図を見てください。

 この「パンチラ」に何を伝えたいかを1行で書くのがルールです。

松本利明(まつもと・としあき)人事・戦略コンサルタント。外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、 6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。 現在は、企業向けのコンサルティングに加え、 「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された。

 相手に突き刺さる1行かどうかが生産性に最も影響します。

 パンチラのポイントは2つしかありません。

 私が所属したアクセンチュアをはじめ、外資系コンサルティング会社では知れ渡っていましたが、ここでその基本をお伝えしましょう。

<ルール1>パンチラの3つの型を知る

 パンチラに書くキーメッセージは、次の3パターンしかありません。

(1)単なる「事実メッセージ」
A 田村さんはすべての科目で一番の点をとった
B 当社の売上は昨年比8%増加した

(2)ある事柄に対する「評価メッセージ」
A 田村さんは優秀な学生だ
B 当社の商品は世界一すぐれている

(3)施策の提言をする「提案メッセージ」
A 田村さんを交換留学生として派遣すべきだ
B 当社は海外市場に参入すべきだ

 各シートで、何を伝えればいいか、一番適切なパターンを選んでシンプルに書けばいいのです。

 売上の伸びや達成など、1つのグラフでいくつかメッセージを出せるときは要注意です。どんなに正しくても、たくさんのメッセージや違うパターンのメッセージを1枚のシートに入れると相手は混乱します。

「1シート・1メッセージ」のルールを守りましょう。