ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソーシャルメディアを駆使して社会貢献!
「ソーシャルグッド」ムーブメントは世界を救うか?

中島 駆 [フリーライター]
2012年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村俊裕氏が手がける「コペルニク」。「ソーシャル・グッド・サミット」では、唯一日本発のサービスとしてプレゼンテーションを行なった。

 貧困、飢餓、環境破壊、人種差別、女性問題――世界には依然、解決しなければならない問題が山積している。近年、こうした課題をソーシャルメディアやITを駆使して解決していこうとする気運が高まりを見せている。それが「ソーシャルグッド」というムーブメントだ。

 実際に、2011年9月にニューヨークで開催された「ソーシャル・グッド・サミット」は、類を見ない盛況ぶりだったという。このイベントにスピーカーとして顔を揃えたのは、テッド・ターナーや、グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌスといったそうそうたるメンバーで、「ソーシャルグッド」に対する期待値の高さがうかがえるものとなった。

 「社会問題に対するより革新的な解決策を模索する動きは、ここ数年で高まってきていると思います。ただし、流行で終わらせてはいけない」

 そう語るのは、同サミットにおいて登壇した「コペルニク」共同創設者兼CEOである中村俊裕氏である。「コペルニク」は、途上国向けの革新的な技術・製品のオンライン・マーケットプレイスを提供するサービス。同サミットに参加し、「多くの人が様々なアイデアを持っている」ことを改めて実感したという。

セミナー、スポーツ観戦、観劇などのチケット販売を手軽に行なえる「PeaTiX」。2011年12月より「ソーシャルグッドイベント割」を提供。

 翻って、日本においても「ソーシャルグッド」を志すサービスが次々に登場し始めている。

 たとえば、オンラインでイベントの告知やチケット販売ができる「PeaTiX」では、社会貢献をチケット売上の使途とするイベントに対して、「ソーシャルグッドイベント割」というプランを提供している。通常手数料よりも低い価格でイベントを開催できるプランだ。

 「社会貢献活動にとって支援者や資金を集めることは、最も重要な課題の1つです。そこで、ソーシャルグッドムーブメントの裾野拡大の一助になればと考え、本プログラムを実施させて頂くことにしました」(Orinoco Peatix株式会社 CMO 竹村詠美氏)

 イベントの開催は、「ソーシャルグッド」な活動を支えるための重要な収入源になる。同社では、イベントの企画運営ノウハウを提供するセミナーを開催するなど、NPOやNGOのみならず、個人が社会貢献に関わるための支援も積極的に行なっている。実際に、同サービスを使った小規模のチャリティイベントやワークショップは多数開催されており、“個人がリーダーシップをとる”という、従来とは違った社会貢献の在り方が生まれつつあると言えそうだ。

 東日本大震災でのTwitterの活躍、ジャスミン革命をはじめとする政治のうねりに大きく貢献したFacebook。2011年は、様々なシーンでソーシャルメディアの威力を見せつけられた年となった。「ソーシャルグッド」というムーブメントが、来年以降をさらに「いいね!」と感じさせてくれる年にしてくれることを祈りたい。

(中島 駆/5時から作家塾(R)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

中島 駆 [フリーライター]


デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧