ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

インターネットは知的な仕事の進め方を革命的に変えた

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第1回】 2007年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 この10年程度の間に、情報に関連した仕事の進め方は革命的に変わった。インターネットを通じて情報が得られるようになったからだ。このような変化に適切に対応できるか否かは、仕事の能率に格段の違いをもたらしている。

  この連載では、インターネット時代において知的な仕事をいかに進めたらよいかについて、さまざまな側面から考えることとしよう。情報が関連する仕事の進め方は、これまでとどのように異なるものになったのか。インターネットを利用する際の最重要のポイントは何か。まず最初に、こうした点について考えることとする。

情報を探し出すより、消化が大変

  最初に重要なことは、「情報を探し出すこと」より、「探し出した情報を消化すること」のほうがはるかに大きな労力を要するようになったことだ。

  20年くらい前までは、「必要な情報を探し出す」ために、大変な労力が必要だったのである。とくに、研究者の場合にそうだった。

  30年くらい前のことだが、経済学の学術誌や専門文献のどこにどのようなことが書いてあるのかを、まさに「生き字引」のように知っている人がいた。多くの研究者が、彼のところに、「このテーマについて勉強するのは、何を読めばよいのだろうか?」と指南を仰ぎに行った。その人は実に有用な情報を教えてくれるので、多くの人が感謝していた。

 しかし、いまではこうした人の有用性は、まったくなくなってしまった。調べたいテーマがあったら、まずインターネットで検索してみればよい。大学にいる人であれば、図書館のネットワークで検索する。すると、そのテーマを含む文献を直ちに見出すことができる。そこで見つかった文献から芋づる式にたどってゆけば、必要な文献や資料は簡単に探し出すことができる。

  むしろ、それらを読むほうが大変な作業だ。考えてみればそれが当然のことなのだが、一昔前までは、このウエイトはまったく逆だったのである。必要な文献を探すまでに大変な労力が必要で、いったん文献を見出したあとそれを読んで消化するのは、それほど大変ではなかった(文献の数が限られていたことも、大きな理由だ)。

  ちなみに、先に述べた「文献のありかを生き字引のように知っていた人」は、文献の内容まで読む時間はなかったようだ。そのため、多くの人から便利にされたものの、自分自身の研究は進まなかった。そして、いまとなっては、誰からも感謝されることはない。この人は、IT革命によっていかなる価値も奪われてしまった気の毒な存在である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧