ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門

【特別編】「社会保障・税一体改革素案」を評価する
社会保障は増税色を薄めるための中和剤

西沢和彦 [日本総合研究所調査部上席主任研究員]
【第7回】 2012年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2012年1月6日にとりまとめられた「社会保障・税一体改革素案」は、社会保障改革と税制抜本改革の2部構成となっている。最大の柱は、消費税率10%への引き上げであり、社会保障改革は、もっぱらそのためのアメ、あるいは、増税色を薄めるための中和剤である。したがって、その社会保障改革の内容は、社会保障制度が抱える諸課題に対する根本的な解を示すものではなく、自公政権時に官僚によって作られてきた改革案の継承が主体である。民主党マニフェストは、そこに同居している形だ。今回は特別編として、税、社会保障の順に、「素案」を評価する。

消費税率5%引き上げ効果は
割り引いてみる必要あり

 「素案」では、2014年4月に8%、2015年10月に10%への消費税率の引き上げが明記されている。2011年7月に閣議報告された「税・社会保障一体改革成案」では、引き上げ時期は「2010年代半ば」と抽象的な表現にとどまっており、「素案」は具体性が増している。

 もっとも、そもそも今回の5%の引き上げでは、基礎的財政収支(プライマリーバランス)ですら、2015年度もなお16.8兆円の赤字であり、その後も赤字幅は縮まらず、2020年度16.6兆円の赤字になるというのが、直近の政府試算である。政府は、2020年度に基礎的財政収支を黒字化させる目標を掲げているものの、5%では全く足りないことは明らかである上、2016年度以降の展望もない。

 加えて、今回の5%も割り引いてみなければならない。1つは、5%のうち1%相当は社会保障の充実に充てられ、その1%相当は膨張する可能性がある。2つめは、5%のうち実際に使えるのは、消費税という税目の性質上、そもそも4%程度に過ぎない。3つめは、5%のうち1.54%を地方分に充てるとされており、財政健全化への寄与が不透明である。それぞれを検証してみよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西沢和彦 [日本総合研究所調査部上席主任研究員]

ニシザワ カズヒコ/1989年3月一橋大学社会学部卒業、同年年4月 三井銀行入行、98年より現職。2002年年3月法政大学修士(経済学)。主な著書に『税と社会保障の抜本改革』(日本経済新聞出版社、11年6月)『年金制度は誰のものか』(日本経済新聞出版社08年4月、第51回日経・経済図書文化賞) など。(現在の公職)社会保障審議会日本年金機構評価部会委員、社会保障審議会年金部会年金財政における経済前提と積立金運用のあり方に関する専門委員会委員。


西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門

増加する社会保障費の財源確保に向けて、政府は消費税引き上げの議論を本格化させている。だが、社会保障をめぐる議論は複雑かつ専門的で、国民は改革の是非を判断できない状態に置かれている。社会保障の専門家として名高い日本総研の西沢和彦主任研究員が、年金をはじめとする社会保障制度の仕組みと問題点を、できるだけ平易に解説し、ひとりひとりがこの問題を考える材料を提供する。

「西沢和彦の「税と社会保障抜本改革」入門」

⇒バックナンバー一覧