山本一郎氏(左)と村上アシシ氏(撮影:ONE PHOTO/Y.Arai)

 自著『半年だけ働く。』のタイトル通り、経営コンサルタントとして半年で1000万円を稼ぐ村上アシシ氏。残りの半年は著述家として、サッカーのプロサポーターとして過ごしているという。そんな村上氏と、個人投資家で作家の山本一郎氏が、生々しい「年収」の話に切り込む。年収1000万円を超えるには何が足りないのか。家電は数千円でも安く買いたいのに、なぜ年収を数十万、数百万円上げることには無関心なのか……。

山本一郎(以下、山本):年収1000万円稼げる人は日本では約4%。非正規雇用の割合は全体の37.5%、一説には4割を超えたと言われていて、派遣会社に登録する事務員なんて、会社から支払われる給料の2割から4割をピンハネされるという話らしいんですよ。

村上アシシ(以下、村上):年収5~600万円の人が、フリーランスになれないかというとそんなことはないです。月給50万の人が独立して単価を2倍にしたら、半年間で600万円稼げるんです。

山本:理論上はそうですね。しかし、月俸を2倍って簡単に仰るのは何か確信でもおありなんですか。

村上:例えば医療業界。看護師の紹介エージェントは多数あって、離島などの人材不足のエリアでは、一般的な給与の約2倍ということもあります。そこで半年間働いて、半年間は海外で過ごし、また帰ってきて働くということもできる。労働力が不足し、移民も受け入れないとなると、知識産業や手に職を持った人の職種は、どんどん売り手市場になっていく。