ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

中国のスタバが成果を上げる
“会費先取りリピート率向上作戦”とは?

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第66回】 2012年2月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国人消費者は商品の価値と
価格を比べる「性価比」に敏感

 第40回のコラムで詳述したように、中国人が「性価比」に敏感だ。今回は、その特性を利用して、お客様の来店頻度を高めることに成功しているスターバックス(中国語名:星巴克)の事例を紹介しよう。

 1999年に中国大陸に進出して以来、中国の40以上の都市で500店舗以上を展開し、オシャレなカフェとして中国人の生活にも浸透しているスターバックス。グローバルスタンダードとして世界中のスターバックス店舗で統一された内装、商品メニュー、サービス等を中国でも提供すると同時に、中国人の消費者心理に合うように中国流にカスタマイズしたサービスもうまくミックスし、成功を収めている。

 ロイヤルカスタマーの来店頻度を上げるために導入しているMSR(My Starbucks Reward)プログラムもその1つだ。MSRの会員になると、スターバックスを利用するたびにポイントが加算され、1年間に貯めたポイントの数により、様々な特典が受けられる(日本のスターバックスでは導入されていないため知らない方も多いかもしれないが、アメリカをはじめ、欧州、中国〈一部地域を除く〉でも導入されているプログラム)。

 MSRの会員になるとすぐに使えるウェルカムレベル、ポイントが5つ貯まるともらえるグリーンレベル特典、ポイントが30(地域によっては25)貯まると使えるゴールドレベル特典がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧