ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

手作り料理で中国人女性の考え方や生活向上に貢献
今やフル稼働が続くまでに成長した戦略とこだわりとは
——栗田昇・ABCクッキングスタジオ(中国)市場開発部購買部経理

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第107回】 2013年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本で127店鋪、会員28万人の料理教室を展開するABCクッキングスタジオ。そのABCの中国事業の立ち上げから現在の店鋪運営まで一貫して担当している栗田 昇氏に中国の料理教室ビジネスについて聞いた。

朝から夜までコースはフル稼働
20代後半から40代がメイン

栗田昇・ABCクッキングスタジオ(中国)市場開発部購買部経理

――中国でもABCの料理教室はいつも盛況のようですね。中国でも日本人の生徒がメインですか?

 日本人を含む外国人は5%程度で、ほとんどが中国人のお客様です。現在上海4店鋪、北京1店鋪展開していますが、上海の森ビル(環球金融中心)店、最近オープンした淮海路K11店ともに朝から夜までコースはフル稼働となっています。月に2回程度通っている生徒さんが多いです。

上海の繁華街 淮海路のショッピングセンターK11のABCクッキングスタジオ

――日本では独身女性の生徒が多いようですが、中国でも客層は同じですか。

 中国は日本と異なり、20代後半から40代の既婚女性が多いのが特徴です。中国では若い女性は内面より外見(ファッション、美容など)にお金を使いますが、20代後半から40代になると内面にお金を使う余裕がでてくるからだと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧