ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【セブン-イレブン・ジャパン】
女性、高齢者層開拓で業績絶好調
コンビニ大量出店で第2の成長期へ

週刊ダイヤモンド編集部
【第58回】 2012年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

セブン-イレブン・ジャパンの成長力が回復している。今期、来期共に1000店以上の新規出店を行い、他社を突き放しにかかっている。

 セブン-イレブン・ジャパンの業績が好調だ。2012年2月期におけるチェーン全店の売上高は3兆2490億円(前年比10.2%増)、営業利益は1800億円(同6.4%増)と、いずれも過去最高を更新する見込みである。

 コンビニエンスストア業界において、他社を規模で圧倒していることは図(1)を見れば明らかだ。

 11年2月末におけるセブン-イレブンの国内店舗数は1万3232店。ローソン(8776店)、ファミリーマート(7964店)を大きく上回っている。

 強さの理由は、一定エリアに集中出店するドミナント方式を徹底していることにある。これにより、製造や物流の効率が高まる。

 ローソン、ファミリーマートはすでに47都道府県のすべてに出店しているが、セブン-イレブンは39都道府県にとどまっている。関東エリア(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)の各社の店舗数を見ると、ローソンは2459店、ファミリーマートは3433店。これに対し、セブン-イレブンは5767店に上っている(図(2)参照)。

 一方で北陸(富山、石川、福井)エリアはわずか126店にすぎず、四国、沖縄に至っては1店もない。裏を返せば、まだまだ出店の余地が多いということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧