ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

イラン核開発問題深刻化の懸念
原油高でエネルギー関連に注目

藤戸則弘(三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニア投資ストラテジスト)
2012年2月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 イランの核開発問題が深刻になっている。今年は中東の地政学的リスクに注意を払う必要があろう。イランは、原爆の材料となりうる高濃縮ウランの製造にまい進している。IAEA(国際原子力機関)は査察を行ってウラン濃縮施設の建設停止などの決議案を出し、国連安全保障理事会はイラン制裁決議を連発しているが、イランは核開発の手を緩めていない。

 これに対して、米国は制裁を強め、イラン産原油の輸入停止を各国に求めている。イランの原油輸出先は、(1)中国22%、(2)EU(欧州連合)18%、(3)日本14%、(4)インド13%、(5)韓国10%で、アジア向けが圧倒的に多い(2010年上半期実績)。ガイトナー米財務長官は主要輸入国を行脚した。中国は旗幟不鮮明ながら、わが国や韓国は要求を受け入れる方向だ。EUも、7月から禁輸の方向で決定した。

 イランの態度もエスカレートし、ホルムズ海峡の封鎖をちらつかせている。ペルシャ湾口のホルムズ海峡が封鎖されれば、イラン原油のみならず、サウジアラビアをはじめとする湾岸諸国の原油がストップすることになる。わが国の場合は、原油輸入量のじつに8割以上が輸入停止に陥るわけで、その影響は甚大なものになる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧