ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップPLUS

ビジネスマンが語る「信長の野望」の楽しみ方【後編】
関係者が語る歴史コンテンツの魅力と、
コンテンツビジネスの難しさ

石島照代 [ジャーナリスト]
【第8回】 2012年2月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 来年の2013年でシリーズ30周年を迎える、コーエーテクモゲームスの「信長の野望」。来月には、あの「ポケットモンスター」と組んだ意欲作「ポケモン+(プラス) ノブナガの野望」(ニンテンドーDS、3DS用、発売元ポケモン、3月17日発売予定)の発売も控えており、30周年にむけ盛り上がりを見せている。前回に続いて後編では、シリーズ最新作「信長の野望・天道」を軸に、関係者が語る歴史コンテンツの魅力と、コンテンツビジネスの難しさを語る。

歴史はドラマとして
繋がっているから面白い

北見 同じく歴史コンテンツを扱われている長谷川さんに質問ですが、歴史コンテンツの市場的な人気は最近いかがですか。一時期ずいぶん、歴女ブームとかで盛り上がりましたよね。

長谷川 最近は下がっているとは思います。一昨年くらいが一番ピークかと。去年で、歴史雑誌の休刊も3誌くらいあって、でも、ゲームソフトのほうは元気ですよね。

北見 そうですね、コーエーテクモゲームスの「無双」シリーズや他社さんのタイトルでも歴史関連のものは多いですね。

長谷川 私が手がけている「歴史魂」は若い子たちに向けた歴史雑誌として企画しました。アスキー・メディアワークスはいわゆるライトノベルと呼ばれるジャンルで非常に強いレーベルを持っているので、うちのやり方で若い子たちに向けた歴史雑誌を作れるんじゃないのかと思って。中身は普通の歴史雑誌で、でも文法は若い子向け。だからゲームもコミックもありだし、歴史に関するおもしろそうなコンテンツはみんな扱おうっていう。

北見 この雑誌を拝見すると、間口が広いというか、若い世代も入りやすい作りなのかなと思いました。その一方で30~50代に歴史に興味をもってもらうには、どうすればいいでしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップPLUS

大好評連載「コンテンツ業界キャッチアップ」の特別バージョン。デジタルエンターテインメント業界注目の新商品やサービスを紹介します。

「コンテンツ業界キャッチアップPLUS」

⇒バックナンバー一覧