ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
後悔しない転職
【第2回】 2012年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

第2回 転職ドリーマーが陥る8つの失敗パターン

1
nextpage

転職神話に踊らされ、青い鳥を追いかけて、「なんとなく」転職を繰り返してしまう転職ドリーマー。いったんこのような状態に陥ってしまうと、負の連鎖から抜け出せなくなってしまう危険性があります。転ばぬ先の杖として、転職ドリーマーに共通する8つの失敗パターンを認識することが重要です。

キャリアコンサルタント、人事部長がともに認める失敗パターン

 前回お話ししたとおり、転職ドリーマーは転職神話を信じ込み、青い鳥を追い求め「なんとなく」転職を繰り返しています。これは、自分が転職ドリーマーであると気がついていないことを意味します。転職ドリーマーから抜け出すには、まず、それについて自覚することが大事です。

 では、どうすれば自覚できるのでしょうか? 実は、転職ドリーマーの失敗パターンは、キャリアコンサルタントの間で驚くほど共通し、具体的ですので、自分があてはまっているかチェックすることは可能です。

 筆者は、この転職ドリーマーの失敗パターンを人事部長たちが集まる勉強会で紹介したことがあります。人事部長たちの反応は、十分に納得できるというものでした。また、採用の面接で、失敗パターンにあてはまる傾向があればマイナスの評価をするとの意見もいただきました。つまり、キャリアコンサルタントだけでなく、人事部長たちも認めている内容なので、それなりに信憑性は高いものといえます。

 それでは、転職ドリーマーが陥る8つの失敗パターンを見ていきましょう。

1 一見華やかな、広報、企画、マーケティングをやりたがる

 転職ドリーマーの最大の課題は、軸(やりたいこと、できること)がないことだ、と前回お話ししました。軸が不明確である場合、自分が目指す専門性ということについて曖昧になってしまいます。自分が目指す専門性を理解したうえで、職種のやりたいこと、できることを考えていない場合、「広報、企画、マーケティングをやりたい」という発言につながってしまうのです。

 なぜ、この発言が問題なのでしょうか。まず、職種の実態を理解していないということです。これらの職種は、新卒の採用面接でも社内公募でも人気職種です。しかし会社の中で人気職種に必要な人数は、ごく少数であることが多いのです。また、これらの職種は一見華やかに見えますが、むしろ仕事内容の本質は地道な業務である部分が多いのです。

 ところが、転職ドリーマーはこうした実態を理解しようとはせず、いま担当している職種と比べてとにかく華やかなことがしたいだけで、とくに経験もないのに希望している場合が多いのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて、一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。ASTDグローバルネットワークジャパン理事、タレントマネジメント委員会委員長。NPOキャリア権推進ネットワーク研究部会所属。主な著書に『キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職7つの法則』(ダイヤモンド社)、『組織内専門人材のキャリアと学習』(日本生産性本部生産性労働情報センター)、翻訳に『サクセッションプランの基本』(ヒューマンバリュー社)がある。


後悔しない転職

いま、本当に転職したほうがいいのか、それとも会社に残ってキャリアを磨いたほうがいいのか、迷っているビジネスマンは少なくありません。どちらを選択すればいいのか、どうやって決断すればいいのでしょうか? 決断するためには、転職のリスクと成功のための法則を知ることが重要です。

「後悔しない転職」

⇒バックナンバー一覧