ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

トヨタが狙う“第四のエコカー”か
プレミアムハイブリッド車という新カテゴリー

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第103回】 2012年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

レクサスGSシリーズで
事前予約の約3割が高級ハイブリッドに

新型レクサス「GS450h」。日本発売は2012年3月19日予定。
Photo by Kenji Momota

 「発売前の事前予約は3500台。そのうち1000台が“450h(ヨンゴーマル・エイチ)”だ」(トヨタ広報部レクサス担当者)。

 それを聞いて筆者は、改めて日本でのハイブリッド車市場の特異性を再認識した。世界市場を見渡して、プレミアムブランドでこれほどまでにハイブリッド車人気が高い国はないからだ。

 この“450h”とは、トヨタが2012年3月16日に日本国内販売を開始した、レクサス「GS450h」ことだ。“450”とは、V6エンジンだが4.5リッターV8並の走行性能を意味し、小文字の“h”はハイブリッドをデザイン化したものだ。レクサスではこの手法でハイブリッド車としてすでに、「LS600h」、「RX450h」、「HS250h」、「CT200h」と、小型車から大型車までフルラインアップしている。

 レクサスの新型「GS450h」の価格は、標準モデルが700万円、最上級のスポーティモデル“F SPORT”だと800万円にも達する。こうした設定価格帯からもわかるように、「GS」はメルセデス「Eクラス」、BMW「5シリーズ」、アウディ「A6」等、欧州高級セダンのライバルだ。

レクサス「GS450h」のハイブリッドシステム展示。  Photo by Kenji Momota

 レクサス「GS」のグレードは大きく3つ。2.5リッターV6搭載の「GS250」、3.5リッターV6搭載の「GS350」、そして最上位がハイブリッド車の「GS450h」となる。欧州系ライバルたちにもハイブリッド車の設定はあるが、レクサスほどラインアップは多くなく、モデル内で占めるハイブリッド車の割合は10%に届かない。

 ではどうしてレクサスは、ハイブリッド車を強化するのか?

 トヨタは“第三のエコカー”ならぬ、“第四のエコカー”として、プレミアムハイブリッド車を世界戦略車としてプッシュしようとしているのだろうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧