ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

米GMと仏プジョーが電撃資本提携!
日本を巻き込む世界自動車業界再編が加速?
アメリカが鍵を握る“パラダイムシフト第二幕”

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第105回】 2012年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アメリカ+フランスという
意外な取り合わせのワケは?

提携を発表したGM社ダン・エイカーソンCEO と仏PSA社のフィリップ・アービンCEO

 米GM(General Motors)はニューヨーク市街で2012年2月29日、仏PSA(プジョー・シトロエン)との提携を発表し、両社のCEOが会見した。

 提携の柱は大きく二つ。ひとつは、2016年に共通プラットフォーム(車体)を活用する等、2社が製造する自動車モデルの部品共通性をもたせること。もうひとつは、購買や物流などを欧州内で共同で行うことだ。

 また、この会見の2日前、伊フィアット社のセルジオ・マルキオンネCEOが記者団に対して、同社の提携先の候補としてスズキとマツダの名前を挙げたことが報道された。

 こうした欧米発の情報を受け、日本のマスコミは「世界での自動車業界再編が加速しそうだ」と書く。その理由として、欧州経済危機を挙げる。だが、世界全体を見据えて、世界自動車産業界の変革の今後を精査するような記事は見当たらない。

 そこで本稿では、最近動きが活発化してきた世界自動車業界再編の軸足は「実はアメリカにある」という視点から、今後の同業界の動きを予測してみたい。

EUとNAFTAとの新たな結びつき
パラダイムシフト第二幕が進行中

 欧州自動車工業会によると、2010年の世界自動車総生産台数は、5847万8810台だ。

 それを地域別で見ると、新興国であるBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)が35.5%で最も多く、次いでEUの25.8%、日本14.2%、NAFTA(北米経済圏/アメリカ・カナダ・メキシコ)8.7%、韓国6.6%、その他のアジア3.5%、その他の欧州1.2%、その他が3.9%だ。

 こうした各地域の現地を定常的に取材している筆者は、各地域の自動車産業は今後、次のように動くと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧