ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

プラチナバンド獲得でソフトバンクが悲願の王者に?
周波数獲得競争が塗り替えるスマホ市場の戦国絵巻

岡 徳之
2012年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

爆発的に普及を続けるスマートフォン。ソフトバンクモバイルやKDDIのiPhone投入により、携帯電話市場の勢力図が大きく変わりつつある。ここにきて、さらに事態を急転させるニュースが飛び込んできた。それは「ソフトバンクによるプラチナバンド獲得」だ。プラチナバンドとは、700MHzから900MHzの周波数帯域のこと。従来、同社が使用していた2.1GHz帯より電波が遠くまで届きやすく、建物などの障害物をある程度迂回して伝わる性質を持つため、携帯無線通信において最適な周波数帯域と言われている。これまで「電波が弱い」と批判されていたソフトバンクが強力な「武器」を手に入れただけに、NTTドコモやKDDIに対する猛追が加速する可能性が出てきている。群雄割拠の市場に一石を投じるこのニュースは、今後、業界の勢力図をどのように変化させるだろうか。(取材・文/岡 徳之、協力/プレスラボ)

周波数帯域を巡る覇権争いに意外な決着
ソフトバンクが「プラチナバンド」を獲得

 ソフトバンクが、通信会社4社との覇権争いを勝ち抜いてプラチナバンドを獲得した。対峙した3社とは、イー・モバイルを提供するイー・アクセス、NTTドコモ、KDDIだ。

 プラチナバンドという言葉は、通信における「特に価値の高い帯域」(バンド)という意味に由来し、700MHz~900MHzの周波数帯域を中心とする極超短波の帯域を指す。一度に伝送できる情報量が多く、小型の送受信設備で通信が可能。障害物もある程度迂回して通話できる。携帯無線通信において、最適な周波数帯域と言われている。

 現在、アップル製のiPhone 4/iPhone 4SとiPad 2 Wi-Fi+3Gモデルなど、スマートフォンの最新機種がプラチナバンドに対応しており、それらの電波送受信をより効率よく広範囲までカバーできる。

 今回、ソフトバンクのプラチナバンド獲得により、同社のスマートフォンがつながりやすくなる。これまでプラチナバンドが割り当てられていたドコモ、KDDIにとって、ソフトバンクの最大の弱点であった「電波」が改善されることは脅威だ。

 そもそも、ドコモやKDDIもスマートフォンの普及による通信量の増大を懸念し、プラチナバンド獲得に名乗りを上げていた経緯がある。はじめに、「プラチナバンド獲得」による影響を見ていく前に、ここ数年、携帯市場の勢力図に地殻変動を起こし続けていた「スマートフォン」を巡る状況を改めて確認していこう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

おか・のりゆき

「マイナビニュース」「J-CAST」など、主にウェブ媒体での執筆活動を行ない、IT業界全体を俯瞰するマ クロな視点とウェブ技術に特化したミクロな視点で、業界を定点観測している。デジタルネイティブ世代とロスジェネ世代の中間層(1986年1月生まれ)。PRエージェンシー勤務を経 て、2011年より企業広報・ソフトウェア開発を専門とした株式会社tadashikuを立ち上げる。国内大手BtoCブランドのPR業 務に従事し、国際的な広告賞を受賞したデジタルクリ エイティブキャンペーンにも携わった。


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧