ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【バンダイナムコホールディングス】
オタクをターゲットに荒稼ぎ
過去最高益更新も射程圏内に

週刊ダイヤモンド編集部
【第63回】 2012年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2005年に経営統合して誕生したバンダイナムコホールディングス。キャラクターを徹底活用した収益モデルが奏功し、ようやく過去最高益が見えてきた。

 2012年2月に、12~14年度の中期経営計画を発表したバンダイナムコホールディングス(以下バンダイナムコ)の石川祝男社長の表情は晴れやかだった。14年度の営業利益は、05年のバンダイとナムコの経営統合以来の最高益を更新する計画だからだ。

 図(1)のように、バンダイナムコはシナジーを発揮できず、ヒット商品不足の影響もあり、低迷が続いてきた。ここにきて好転を促したものは何か。

 一言で言えば、キャラクターを中心としたビジネスモデルへのシフトである。図(2)はセグメント別の売上高と営業利益率を示したものだが、ここで注目し てほしいのは売り上げの4割を占めるトイホビー事業。機動戦士ガンダムや仮面ライダーといったいわゆるキャラクター事業や玩具だが、14年度までに売上高 にして、09年度比48%の伸びを狙う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧