ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
【第1回】 2012年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]

現場「たたき上げ」から生まれた
イノベーションの方法論(前編)
『イノベーション5つの原則』の監訳者まえがきを特別公開!

1
nextpage

イノベーションを起こすには、「創造性」や「発明」が必要だ。だがむしろ、それらを顧客価値の創出につなげ、実際の市場に導入することこそ、はるかに重要で困難だ。作業の完遂に向けては、ひとりの天才には頼れず、多くの異能の人材を共同作業にあたらせ、チームを駆動させなければならない。その実践法をまとめた弊社刊『イノベーション5つの原則』のエッセンスとして、監訳者である楠木建・一橋大学大学院教授のまえがきを全2回で紹介しよう。

 芸事の世界で生きている人、たとえば歌手や俳優や落語家をみていると、テレビで突然人気者になった人よりも、じっくりと下積みの経験を積んだ人のほうが、結果的に大成したり、年をとっても長期にわたって活躍することがよくある。これを「たたき上げの強み」といったりする。

 「たたき上げ」は二つの要素から成り立っている。「場数」と「顧客からの直接フィードバック」である。

 地道なライブ活動からたたき上げた歌手は、ぽっと出のテレビタレントと比べて、なんといっても踏んでいる場数が多い。しかも毎回オーディエンスの前に立って歌っているので、一つ一つのライブでの顧客の反応から、自分のパフォーマンスの出来不出来や、人々のニーズを直接肌身で思い知ることができる。テレビの録画番組で歌っているだけでは、視聴率やテレビ局の人々といった周囲からのフィードバックが効くけれども、これはあくまで間接的なものでしかない。テレビの向こうにいる顧客の声は届かない。

 ステージで場数を踏み、オーディエンスからの直接フィードバックを繰り返し受ける中で、自分の強み弱み、芸の持ち味をより深く理解できる。反省と改良を重ね、次のステージで試してみる。またそこで直接フィードバックを受け、さらに芸を練り上げていく。その結果、自分の芸風が確立され、オーディエンスを満足させ続けられる地力がつく。この論理を「たたき上げ」という。

 イノベーションという仕事については「たたき上げ」の知見が生まれにくい。イノベーションは定義からして非連続なものであり、例外的にしか起こり得ないからだ。「たたき上げ」の重要な条件である「場数」が期待できない。

 イノベーションの当事者でない、たとえば学者や評論家のような立場にある人々であれば、様々なイノベーションの事例なり現象を観察することができる。疑似的にではあるが、観察頻度を稼ぐことができる。そこからイノベーションやそのマネジメントについての知見を導出しようというわけで、現にそうした研究は数多くある。しかし、学者や評論家はイノベーションの当事者ではない。そこでは「たたき上げ」の論理を構成するもう一つの重要な条件、直接フィードバックが欠けている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]

1964年東京生まれ。1992年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専攻は競争戦略とイノベーション。2010年5月に発行した『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)は、本格経営書として異例のベストセラーとなり、「ビジネス書大賞2011」の大賞を受賞した。ツイッターアカウントは@kenkusunoki


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧