欧州随一の鉄道ネットワークを持つスイス。初秋の1週間、スイストラベルパス片手に、人気の急行路線や登山鉄道を乗り継ぎ、5つの地域を訪れた。

ローテンボーデン駅下のハイキングコース途中にあるリッフェルゼー湖と、マッターホルン

車窓からの絶景が楽しいゴルナーグラート鉄道

 モントルー駅からツェルマット駅までは約2時間40分。ゴルナーグラート展望台へ向かう登山電車は、終点まで30分少々。ゴルナーグラート駅上の展望台からは、ゴルナー氷河を見ることもできる。

 山岳リゾートの草分けツェルマット村周辺には、スイスの標高4000m級の山の3分の1があるという。主役はもちろん、4478mのマッターホルン。展望台がいくつもあり、さまざまな表情、姿態を見せてくれる。

ゴルナーグラート鉄道。終点のゴルナーグラート駅までは片道45CHF、往復90CHF☆。www.gornergratbahn.ch 

 今回は天候に恵まれ、リッフェルゼーの湖面に映る“逆さマッターホルン”が見られた。

 村のホテルの主人に上の写真を見せると「ブンダバー!(すばらしい)」。こんな絶景は年に一度見られるかどうか、だそう。