ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

CNNが買収狙うソーシャルメディア情報サイト
「マッシャブル」に学ぶニュースサイト成功の秘訣

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第188回】 2012年3月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先だって、CNNが買収するかも知れないといううわさが立ったスタートアップ企業がある。マッシャブルというニュースサイトだ。

 マッシャブルは、ソーシャルメディアに関するニュースを中心に、インターネットカルチャーやテクノロジー、ビジネス、エンターテインメントなどのニュースを集めたサイトである。

 その額2億ドルともいうCNNの買収説はその後なりを潜めているが、関係者は揃ってCNNとマッシャブルの親和性は非常に高いとする。マッシャブルに集っている読者は、ソーシャルネットワーキングが好きで、買収すればそのコミュニティーをごっそりと引き入れることができるからだ。

 CNNは、ニュースメディアの中でも新しい実験を数々積極的に試みており、市民ジャーナリストによる投稿を統合したり、複数のニュースサイトやソーシャルメディアからの情報を見やすいレイアウトにして表示するソフトを開発した会社、ザイトを買収したりしている。マッシャブルのニュースも、すでにCNN上に配信されている。そこへマッシャブル自体を加えれば、コンテンツの面でも読者コミュニティーの面でも、最新のニュースメディアになることができるのだ。

 マッシャブルは、2005年にスコットランドで創設された。創設したのは、テクノロジーコンサルタントだったピート・キャッシュモア。当時19歳だったキャッシュモアは、盛り上がりつつあるソーシャルネットワークの様子を詳細にわたって伝え、いつも一番新しいトレンドを紹介した。それが注目を集め、トップブログのひとつに数えられるように。現在はニューヨークが拠点を移し、その間に、有数のメディア企業で経験を積んだ人材などを雇い入れて、今や数十人の従業員を抱える立派なニュース企業になっている。

 CNNの買収がどうなるかは不明だが、マッシャブルの成功にはいろいろ学ぶ点がある。たとえば、そのニッチさだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧