ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位

大学3年生の君へ。
これから就活と考える前に、考えるべきことは

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]
【第42回】 2012年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

わが国のメディアでは、相も変わらず「就活」特集が組まれ、事あるごとに就職難が喧伝されている。このような環境の下では、この4月に大学3年生になる君が、自らの就職について不安になり、気もそぞろになるのは仕方がないことかも知れない。しかし、そもそも就活とは一体何だろうか?一度、原点に戻って、自らの頭でよく考えてみるべきだと思うのである。

わが国の労働慣行はガラパゴス的

 君は安定した大企業、できれば金融機関に就職したいと言っていた。定年まで落ち着いて働きたいから、と。でも君が当然視している(ように思われる)終身雇用という制度は普遍的なものなのだろうか。僕は戦後の特殊な時代における極めてガラパゴス的な労働慣行のひとつだと考えている。

 戦後のわが国は、人類史上、稀に見る幸福な時代だった。戦乱もなく、半世紀にわたって高度成長が継続し、人口も増え続けた。高度成長はいくらでも労働力を吸収する。企業は新卒採用に躍起となり、「青田買い」という慣行が生まれた。

 けだし、戦後の高度成長はアメリカに追いつくことであり(すなわちアメリカの産業構造を真似ること)、極論すれば、市民は自分の頭で考える必要がなかったのである。霞が関が(アメリカを真似て)経営資源の配分を行い、市民は黙って一所懸命働けば所得が倍になるという夢のような時代が実現した。俗に言う「1940年体制」が開花したのであった。

 所得が倍になる時代においては、ほとんどの人にはそもそも転職願望のようなものが生じない。企業の側でも、雇用調整を行う必要がない。青田買いで採用された新卒はそのまま「終身雇用」を享受することになった。終身雇用であれば、賃金は「年功序列」になりやすい。個々の人の能力を公平に判断して給与を定めることは、実はそれほど簡単ではない。それに対して年功序列は簡便で、しかも高度成長期には年々業容が拡大していくのが普通であるから、従業員の納得も得やすい。また若い間は低賃金であっても、毎年給与が上がっていくシステムなら不満も起きにくい。

 ところで年功序列のもとでは、部門長などの高位役付ポストは軒並み高齢者に占拠されることになる。そこで「定年」という制度を設けて、高齢役付者が滞留しないようにする。定年退職者には、退職金や年金を支払うことで老後の生活を保証する(高度成長期であれば、退職金・年金の支払いも企業は余裕を持って行えた)。

 以上、極論風に述べて来たが、要するに、半世紀に及ぶ高度成長と人口の増加が、「青田買い→終身雇用→年功序列→定年というワンセットのガラパゴス的な労働慣行」を創り上げたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年に生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。2013年6月24日より現職。主な著書に『百年たっても後悔しない仕事のやり方』『生命保険はだれのものか』『直球勝負の会社』(以上、ダイヤモンド社)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「思考軸」をつくれ』(英治出版)、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

ライフネット生命HP

 


出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧