HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

気はやさしくて胃痛持ち

海外からの女性上司に振り回され、
ストレスフルな毎日のなかで成長も実感

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第10回】

女性上司に振り回される
外資系トイレタリーメーカーブランドマネージャーDさん(38歳)

香港から赴任した
凄腕女性マネージャー

 Dさんが勤めるトイレタリーメーカーは外資系といえども、今まではほとんどが日本人で占められていた。月に1回行う全国の営業所を結んだテレビ会議ももちろん日本語。工場も国内生産。

 自分の会社を外資系だと自覚するのは、会計年度が1月からはじまるカレンダーイヤーを採用していること、クリスマス休暇があること、そして予算のレポートを香港にあるアジアパシフィック・オフィスに英訳してメールする時くらいだった。

 しかし、3ヵ月前に、Dさんの上司が外国人女性に変わったことでDさんの日常は一変した。新卒で入社して以来女性の上司は初めてだ。

 女性向けヘアケアブランドを立ち上げるために本国からきたやり手の敏腕ブランドマネージャーと聞いている。競争の激しいインドや中国でヘアケア製品の上市を成功させた実績をかわれ、洗剤などが売り上げの大半を占める日本でヘアケアという新しい事業の柱を作るためにやってきたらしい。

 新しい上司は小柄で、多くの欧米人女性と同じくほぼノーメーク。そばかすにショートカット。普段のファッションはパンツにカーディガン。

 一見地味な印象ではあるが、会議が始まるとその小さな身体が大きく見えるから不思議だった。目力(めぢから)も強い。Dさんは早口の英語で表情豊かに話す女性上司が何を言っているのか、いつも神経を集中させていた。

 「このブランドを日本のナンバーワンにする。ゴールはこれだけです」。会議の終わりは必ずこう締める。繰り返すその言葉だけはやっと聞き取れるようになっていた。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


気はやさしくて胃痛持ち

失われた20年と呼ばれる日本経済。そんな長い停滞のなかをがむしゃらに、ひたむきに日々の仕事・生活を生きてきたビジネスマンたち。さまざまなストレスに耐えてきたカラダもそろそろ注意信号を出す頃。いろんな職場のいろんなビジネスマンのいろんな悩みと不調を少し悲しく少しおかしく紹介します。

「気はやさしくて胃痛持ち」

⇒バックナンバー一覧