ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

田中直紀氏と猫ひろし氏が教えてくれること

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第226回】 2012年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

田中直紀氏と猫ひろし氏
立場は違えど「場違い」な2人

 民主党の参議院議員である田中直紀氏は、野田内閣の防衛大臣に任命された当初から、その任務への適性に対して疑問の声が多い。しかし、「まだ」と言っては失礼かも知れないが、辞任はしていない。

 先日も国会答弁において、官僚の助言に頼り切る様子が批判の的となり、自民党が参議院において田中氏に対する問責決議提出を準備しているとの報道があった。

 沖縄の米軍基地の問題は解決の方向性が見えず、得体の知れない隣国である北朝鮮が「人工衛星」と称するミサイル様の物体を打ち上げようとしており、また中東情勢も不穏な今日に、我が国に国防上の不測の事態が起こった場合の防衛大臣が田中氏であることは、国民にとってかなり気持ちの悪い状況だ。

 我が国は、昨年、危機管理に全く不向きな菅直人氏が首相を務めている間に、東日本大震災と福島第一原発の事故に見舞われた。田中氏が防衛大臣である間に、防衛的緊急事態が起こらないという保証はない。

 他方、お笑い芸人であり同時にマラソン・ランナーでもある猫ひろし氏(芸名)は、カンボジア国籍を取り、来るロンドン・オリンピックにおいて、カンボジア代表としてマラソン競技に参加することが内定した。

 しかし、かつて「参加することに意義がある」という言葉もあったオリンピックではあるが、猫氏のマラソン持ちタイムは、おそらく女子マラソンの優勝タイムにも大きく遅れるであろう2時間30分台のものであり、同氏がオリンピックで上位の成績を収める可能性は、極めて小さいと言わざるを得ない。

 失礼を顧みずに言わせてもらうと、田中直紀氏は防衛大臣として、猫ひろし氏はオリンピック競技に参加する選手として、共に「場違い」な存在である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧