ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「ほどほど論」のススメ
【第27回】 2012年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

なぜ人はバーチャルな世界で
ネガティブに流れてしまうのか

1
nextpage

ゲームに依存して自己を見失う人が増えている

  オンラインゲームやソーシャルゲームに依存しすぎて廃人同然の精神状態になったり、多額の借金を背負って自己破産してしまったりする人が増え始めています。

 私の診察室にも、そうした悩みを抱えた患者さんが訪れます。

 現実世界でうまくいかないことが続いてうつ病にかかった人にとって、家の中でひとりで楽しめるゲームは、他人との煩わしい関係を考える必要のない世界です。ところが気軽にやっているうち、思いのほかのめり込んでしまうようです。

 これが依存の始まりです。やがてゲームなしではいられなくなり、多額のゲーム代を借金で埋め合わせようとお金を借りまくっていきます。その行く末が、自己破産なのです。

 パソコンゲームをやろうと思えば、起き上がってパソコンに向かう元気が必要です。しかし、携帯型ゲーム端末機や携帯電話は寝転がってゲームができるので、他のことにまったくやる気が起こらない人でも手軽にできてしまいます。最近は、携帯端末や携帯電話で魅力的なゲームができるようになったので、そうした状態に陥る患者さんが増え続けているのだと思います。

 私はこれまで、ゲームに対してマイナスイメージを持っていませんでした。むしろ、若い患者さんの治療の一環としてゲームを勧めたこともあります。それはこんな理由からです。

 ゲームをやり続けると、経験値が上がってクリアできたという達成感を得られます。それが精神的に良い作用を及ぼすこともあるからです。また、現実世界ではどこにも居場所がなかった人も、ゲームの世界では歓迎されます。

 患者さんにとってゲームをひとときの「止まり木」として位置づけ、そこでエネルギーを蓄えることができれば自信も回復し、現実世界に再び飛び出して行く勇気を持つことができるのではないかと考えていたのです。 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    香山リカの「ほどほど論」のススメ

    好評連載「香山リカの『こころの復興』で大切なこと」が終了し、今回からテーマも一新して再開します。取り上げるのは、社会や人の考えに蔓延している「白黒」つけたがる二者択一思考です。デジタルは「0」か「1」ですが、人が営む社会の問題は、「白黒」つけにくい問題が多いはずです。しかし、いまの日本では何事も白黒つけたがる発想が散見されるのではないでしょうか。このような現象に精神科医の香山リカさんが問題提起をします。名づけて「ほどほど」論。

    「香山リカの「ほどほど論」のススメ」

    ⇒バックナンバー一覧