ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ
【第2回】 2012年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],一般社団法人東京23区研究所

2軒に1軒が単身世帯!
東京23区「ひとり暮らしが多い街」
人生のステージや男女差でこんなに違う、ひとり暮らしの街選び

1
nextpage

 国勢調査の結果はまさに新マーケット発掘のための「宝の山」。しかし、あまりにもデータ量が膨大なため、数字が語るストーリーを見出すことは日常的に国勢調査を見ていない人には大変な苦労を伴う。

 東京23区を例に最新の国勢調査データを分析し、新しいマーケットの開拓をめざす企画の第2回目は、「ひとり暮らし」世帯の動向に迫ってみる。

35歳以上の未婚者が集住
「独身天国」東京23区

 税や年金、公共料金などが改定されるとき、「標準世帯で○○円の負担増」という記事をよく目にする。標準世帯とは、夫婦と子ども2人の家族を指す。東京23区でこうした「標準世帯」の割合はわずかに8.5%。夫婦と子ども1人(11%)のほうが多い。夫婦2人暮らしはもっと多くて16%。だが、これらが足元にも及ばない存在が控えている。ひとり暮らしだ。その数49%。何と、2軒に1軒がひとり暮らしである。

 東京23区のひとり暮らしの割合を人口ベースに直すと25%。上述した世帯ベースより数値は下がるが、それでも4人に1人の高比率にのぼる。

 トップは渋谷区の38%。新宿区、豊島区、中野区も35%を超える。逆に、葛飾区、江戸川区、江東区、足立区は16~18%台だ。渋谷区と葛飾区との間には2倍以上の開きがある(図1)。生活の「個人化」が突き進む山の手・副都心。家族のつながりを今も大切にする東部・下町。東京という枠組みではひと括りにできない街の個性が、ここにはっきりと表れている。

【図1】総人口に占めるひとり暮らしの割合 2010年
  資料:総務省統計局「国勢調査」より作成
拡大画像表示

 

1
nextpage
特集デジタル時代のマーケティング戦略2011
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
underline

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

一般社団法人東京23区研究所

東京23区をさまざまな角度から調査・分析している。マーケティングレポートなどを発行。HPはこちら


国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ

国勢調査の結果は、大規模なデジタルデータベースとしてネット上で公開されているマーケット開拓情報の「宝の山」だ。反面、その内容があまりにも精緻であるがゆえに読み解き方は難しい。当連載では東京23区を例に取り、膨大な国勢調査データを実務に生かすヒントを紹介する。

「国勢調査で発掘! 東京23区お役立ちデータ」

⇒バックナンバー一覧