ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

世界中の投資家が注目する
MSCI銘柄入れ替えの行方

週刊ダイヤモンド編集部
2012年5月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界中の多くの投資家がベンチマークとして採用している株価指数「MSCI」(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)。

 そのMSCIを構成する銘柄の入れ替え時期が迫っており、注目が集まっている。

 MSCIの構成銘柄は、浮動株をベースとした時価総額を加重平均した値を基に決められる。

 銘柄の入れ替えは四半期ごとに行なわれるが(2月、5月、8月、11月)、大幅な入れ替えが行なわれるのは5月と11月だ(2月と8月は補助的なもの)。

 つまり、今回は半期ぶりの大幅な入れ替えとなり、5月16日の早朝に該当する銘柄が発表される予定だ。

 MSCIは、世界全体や先進国、新興国など数多くの指数がある。

 例えば、MSCIの中で最大規模を誇るMSCI EAFE(イーファ)の指定銘柄すべての時価総額は、約3000億ドル(約24兆円)にも上る巨額なものだ。

 そのため、「新規に採用されれば、大幅な買い需要が発生することになる」(伊藤桂一・SMBC日興証券株式調査部次長チーフクオンツアナリスト)。

 では、今回の銘柄入れ替えで、その名が取りざたされている日本企業はどこか。

 まずは、予想される採用銘柄から見ていこう。

 筆頭候補は、阪急阪神ホールディングス(HD)だ。

 実は阪急阪神HDは、売買の低迷による流動性の低さから昨年5月に構成銘柄から外されていた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧