ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

家電3社の新社長は“茨の道”を切り拓けるか?
ソニー、パナ、シャープに見る「復活へのDNA」

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第227回】 2012年5月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大幅赤字でトップを50代に刷新
弱電系3社は経営を建て直せるか?

 2012年3月期に大幅な赤字に追い込まれた弱電系電機メーカー3社は、それぞれ経営者を交代して経営の建て直しを図ることになった。

 ソニーでは、ハワード・ストリンガー最高経営責任者(CEO)が退任し、平井一夫副社長が社長兼CEOに就任する。パナソニックでは大坪文雄社長が会長となり、津賀一宏専務が社長に就任する。また、シャープでは、片山幹雄社長が会長に退き、奥田隆司常務が社長として経営を担うことになる。

 今回の社長人事については、赤字決算の責任を取って経営陣が刷新されたとの見方がある。しかし、わが国家電メーカーを取り囲む経済環境は一段と厳しさを増しており、“経営陣の刷新”などという流暢なことを言っていられる状況ではない。

 すぐにでも、「不採算部門のテレビ事業をどうするか」「中国・韓国のライバルと戦うための新製品の開発」などの問題を突きつけられている。今回選任された新経営者がこれらの問題に有効な解答を提示できないと、ライバル企業の激しい追い上げなどによって、中長期的に企業としての存続が危うくなることも考えられる。

 ただ、ソニー、パナソニック、シャープは、テレビという共通の不採算部門を抱える一方、ビジネス環境は少しずつ異なっている。シャープは世界最大のEMS企業である鴻海(ホンハイ)グループと資本提携し、欧米型複合企業を目指したソニーでは金融部門が稼ぎ頭になっている。

 パナソニックは、家電製品を中心に一部電子部品などのデバイスへ事業展開をしている。問題は、どのような経営戦略に基づいて、事業分野を結びつけて収益を上げられる組織に再生するかだ。それは、間違いなく企業戦略=経営者の仕事だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧