ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?

[アキバレポート2]世界はOTAKUをCOOLと言う!
アキバ流がこれからの商売の主流になる理由は何か?

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第5回】 2012年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

本連載第1回に引き続き、岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントによる「アキバレポート」をお届けする。アキバにある店を分析すると、1つの共通点があるという。それは、小売店が繁盛する大原則でもあった。

アキバ流は他の街にも波及
成功する商売の法則を探る

 アキバの持つパワーとインパクトは非常に大きいとは思っていたが、実際に今のアキバを体感するまでは分からなかった。

 それが、アキバツアーで今のアキバを見て回ったことで、アキバ=オタクではなく、アキバは「OTAKU」という新しい価値観を作り出し、また商売のヒントが山のようにあることを実感した。

 ちなみに、オタクはアニメ、漫画、ゲーム、PCなどのマニアのことで閉鎖的な印象を持つ。一方の「OTAKU」は世界に向けて発信されている日本独特のPOPカルチャー全体を指し、大衆も楽しめる、明るく健康的な印象持つ言葉として筆者は使い分けている。

 そして、市場規模4000億以上(矢野経済研究所「オタク市場に関する調査結果2008」、週刊ダイヤモンド 2010/9/25などを参照)と言われるアキバのパワーが、周辺の他の街にも影響を与え始めていることも、最近の新しい商業施設で感じられる。

 アキバ流の商売がこれからの企業経営のポイントになると言える理由とは何か。アキバ流商売の法則を小売店の視点から探る。

OTAKUの集まる店は
品揃えの深さがCOOL

 アキバにはたくさんの魅力的な店がある。その魅力はさまざまであるが、実はある1つの共通項がある。

 その共通項とは、「何かの単品で一番の店が多い」ということである。いわゆるニッチトップ商品。筆者の属する船井総合研究所では「単品一番店」、あるいは「一点突破型店舗」と呼ぶ。

 これは今の流通小売業における繁盛店づくりの大原則でもある。アキバは結果的に、圧倒的に独自性を強化した店しか生き残っていないし繁盛していない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?

「経営指南書に書いてあることを実践しても効果がない」。そんな悩める社長や部課長さんに、大手経営コンサルタント会社、船井総合研究所の4人のコンサルタントが現場で得られる業績向上のヒントを提供します。日々、クライアント企業の現場に足を運び、一緒に汗を流しているからこそ得られる経営の“肝”を公開。執筆陣は住宅、不動産、製造業、小売り、商社、エネルギーなど、多くの業界でのコンサルティング経験を持っています。現場で役立つ情報満載でお届けいたします。

「経営の“肝”あなたの会社が成長しない理由は?」

⇒バックナンバー一覧