ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

金融商品セミナーの手口に注意!
投資初心者必読の特集

週刊ダイヤモンド編集部
【07/10/20号】 2007年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本特集は2006年12月2日号特集「投信の罠」と2007年6月16日号特集「金融商品の罠」の続編に位置づけられる特集です。

 これらの特集には、共通するメッセージがあります。

 (1)手数料などコストの高い商品には手を出さないようにしよう。
 (2)複雑でわかりにくい商品は警戒しよう。
 (3)販売会社が売りたがる商品には飛びつかないようにしよう。

 以上の3つです。

 9月30日、本格施行の金融商品取引法で、それなりの改善が見られます。(1)手数料については、たとえば、ファンド・オブ・ファンズの信託報酬と組み入れるファンドの信託報酬を「二重取り」する点をぼやかしている(よくわからないように表記している)商品が少なからずあったのですが、これを明記しなければいけなくなりました。(2)(3)についても、ちゃんと説明義務を尽くすように求められるようになりました。

 ですが、だからといって、安心はできません。金融商品の販売現場は法が求める形式を満たすのに大わらわ。説明資料や契約関連書類のボリュームは劇的に増えましたが、中身はそう変わっていません。

 ここにきて明らかに増えているものがあります。金融商品のセミナーです。もともと、この手の販促セミナーはありましたが、その数が急増しています。

 セミナーは、概ね同じようなパターンで進められます。まず、運用会社のスタッフが「投資環境」について話をします。「中国はまだまだ成長しますよ」といった話です。その後、販売会社のスタッフが出てきて、投信など商品の説明をする、というパターンです。運用会社が「魅力的ですよ」と煽って、その雰囲気の中で、販売会社がお客に商品を紹介するわけです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧