ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

50歳の同窓会で会ったら、男性の5人に1人が独身!?
若者まで孤独死を恐れ始めた「生涯未婚時代」の衝撃

宮崎智之 [フリーライター]
【第32回】 2012年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

結婚したくても結婚できない!
男性の5人に1人が「生涯未婚」の衝撃

 いよいよ訪れた「ジューンブライド」の季節。幸せな結婚式を挙げ、未来への希望に胸を膨らませているカップルも多いことだろう。しかし、世はまさに「結婚氷河期」の時代。未婚・晩婚化に歯止めがかかる気配がなく、生涯未婚率もうなぎ上りの状況だ。

 6月5日に閣議決定された平成24年版『子ども・子育て白書』によると、男性の生涯未婚率(45~49歳と50~54歳未婚率の平均値であり、50歳時の未婚率)は20.14%で過去最高。実に5人に1人が生涯未婚であるという恐ろしい結果となっている。つい30年ほど前の1980年には2.60%だったことを思うと、驚異的な伸び率である。

 数字だけを追っていても実感が沸かないので、具体的な例に落とし込んでみると、つまり、50歳で高校の同窓会を開いて男性が100人集まったとしたら、そのうちの20人は結婚していないということになる。そう考えると、結構な数だ。

 さらに想像を膨らませてみるならば、同窓会の2次会が終わり、「家族が待っているから」と既婚者が続々と帰路につくなか、30年前なら2人の独身者が「3次会」と称してしみじみとバーで一夜を語り明かしていたかもしれない。しかし、現在なら居酒屋の座敷席で独身者20人がドンチャン騒ぎ、なんてことも考えられる。

 もちろん、結婚という選択をあえて選ばずに生きようと決めている人もいる。しかし実際には、結婚願望はあっても、結婚できない人が増えている現状があるのだ。そんななか、聞こえてくるのは若者たちの悲痛な「結婚不安」の叫びである。

 「もう6年も彼女がいないし、仕事が忙しくて出会いもありません。たまに誘われて合コンにいくけど、年収がそんなに高い職業でもないし、イケメンでもないので、反応が悪いですね。5人に1人と聞くと、自分が入っていない方が不自然な感じがしちゃいます(笑)」(30代男性)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧