ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

「iPodと真空管アンプ」のコラボで心に響く音を堪能!

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第30回】 2008年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 仕事柄、デジタル系の新製品を毎日チェックしているが、最近特に琴線触れたのが「真空管アンプ」だ。

 オーディオマニアの世界では、以前から高級な真空アンプが一定の割合で売れていた。ところが、最近になってデジタル系の新製品情報に真空管アンプが登場し始めており、驚いた。特に、「iPod」を直接利用できる真空管アンプが何種類か登場している。

 つまり、音楽鑑賞のスタイルを変えた、「デジタルツールの究極型」とも言えるiPodが、「アナログの極致」とさえ言える真空管アンプと組み合わされたのだ。驚くべきミスマッチだが、興味を抱かずにはいられない。iPodと同等、もしくはそれ以上の価格の真空管アンプを買うユーザーがいるのは、ちょっと不思議な現象である。

デジタルとアナログのコラボ?
一見ミスマッチな新製品

VTS-384
ロックリッジサウンドジャパンの真空管アンプ搭載iPodスピーカー「VTS-384」(7万9800円)。デジタルとアナログの良さを併せ持つ。

 そこで、iPod対応の真空管アンプを発売している丸紅インフォテック MD本部マーケティング部の長南裕之氏と、ロックリッジサウンドジャパン商品企画室の佐川大介氏に、いくつかの質問を投げかけてみた。

 長南氏は、「確かに、最近、各社から真空管を使ったアンプが相次いで発売されており、オーディオ関連媒体での特集記事が増えるなど、露出が高まっていると感じます」と説明する。

 現時点ではブームと呼べるほどではないかもしれないし、今後もメインの商品になるほど爆発的に売れるとも思えないが、関心を持つ人が多いのは事実だろう。

 個人的には、真空管アンプは本格的なオーディオとしか思えない。だが、そこにお気軽なiPodを組み合わせる戦略はどこにあるのだろう。

 「特に奇をてらった製品ではありません。オーディオ製品としては非常に優れた真空管を手軽に楽しんでいただきたいという願いを込めて開発しました。iPodをセットしたら電源を入れて、ボリュームを上げるだけなので簡単ですよ」と佐川氏。

 では、「iPod+真空管」なら、肝心の音質はどうなのか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧