ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術
【第4回】 2007年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

まずはポジションペーパー(公式見解)を作成する

1
nextpage

 緊急事態においては、情報を集めることが大切だということは当然のことなのですが、ただ単に「情報を集めろ!」と指示しても情報は集まりません。スタッフはどのような情報を集めたらよいのか、皆目見当がつかないからです。

 そこでポジションペーパーを作成することを目標として、情報を集めるといいでしょう。ポジションペーパーとは、ある問題が起きた場合に、事実関係を客観的に示す文書です。「公式見解」「統一見解」「声明文(ステートメント)」とも言います。

◎ポジションペーパー(公式見解)の見本
◎ポジションペーパー(公式見解)の見本
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


石川慶子 [広報コンサルタント/シニア リスクコンサルタント]

国会職員、映像制作プロダクション勤務を経て、1995年より広報サービス会社のマネジャーとして企業の広報活動のサポートに携わる。2003年、会社を設立して独立。現在、有限会社シン代表取締役社長、ライブ!ユニバース理事、日本リスクコンサルタント協会シニア会員、日本広報学会会員。各種情報サイトへの執筆活動も多数。


失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術

数々の企業不祥事がTVや紙面を賑わす今日、マスコミ対応を誤ると致命的なダメージに。緊急時にトップと広報がすべきマスコミ対応を具体的に伝授する。

「失敗しないマスコミ対応 危機管理広報術」

⇒バックナンバー一覧