ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

2次会消滅、銀座氷結、バブル期とは隔世の感!
データで読み解く「ニッポンの接待」急減の内実

週刊ダイヤモンド編集部
【12/6/23号】 2012年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

社用族でにぎわった銀座に閑古鳥
日本一のネオン街がまるごと〝氷結〟 

 「バブルのころと今の日本が同じ国とは、とてもじゃないけど思えない」

 バブル期の華やかなりしころを忘れられない銀座のオーナーママがぼやいた。

 接待文化の象徴として、会社の交際費で飲み食いする「社用族」でにぎわった銀座は今、どこも閑古鳥が鳴いている。

 「企業が接待で2次会まで行かなくなったのが致命的だった」(クラブ関係者)

 社用族の足が遠のいた結果、銀座では数え切れないほどの飲食店が店を畳んだ。その数、数千軒ともいわれる。

 ちなみに、かつては決して見かけることのなかった中国人クラブやニュークラブと称される低料金のキャバクラがその隙間を埋めるように相次ぎ進出し、銀座の通りにはいつしか、そうしたクラブの客引きが溢れるようになっている。

 「高級クラブが集中する老舗の名門ビルですら、テナントの稼働率が5割を切っている」(バー関係者)といわれ、日本一のネオン街はまるで、街ごと〝氷結〟してしまったかのようだ。

 背景には、企業の接待事情の激変がある。

 バブル崩壊後、経営合理化を余儀なくされた日本企業はコスト削減を徹底して推し進め、その余波で接待の〝軍資金〟となる交際費は激減してきた。

 バブル期に入るまでGDPと並行して右肩上がりを続けてきた企業の交際費は、ピークの1992年に6.2兆円を超えたが、それを境に、GDPが横ばいを続けたのとは対照的に急減。2010年には、平成に入って過去最低となる約2.9兆円まで落ち込んでしまった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧