ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

超インフレ国はジンバブエのみ
世界が学んだ「最低限の規律」

2010年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「歴史をひと目見ればわかるが、巨大な構造的赤字を抱え、かつ中央銀行の独立性がない国の多くは、彼らの負債を償還させるために、紙幣印刷機を使った。それは、高インフレや、ハイパーインフレを招く処方箋である」。

 サンフランシスコ連銀のイエレン総裁は、昨年6月の講演でそう語った。

 彼女が言うように、以前はそういった国は珍しくなかった。IMFによると、1993年にインフレ率が100%を超えていた国は24ヵ国、1000%を超えていた国は12ヵ国もあった。

 しかし最近は稀だ。2008年にインフレ率が100%を超えていた国は、1ヵ国だけだった。アフリカ南部のジンバブエである。

 政府の財政赤字をジンバブエ準備銀行(中央銀行)が紙幣印刷で補う安直な政策を継続した結果、物価上昇率は08年7月に2億3100万%に上昇した。インフレ率の公表は停止されるが、インフレは09年初にかけてさらに激化。

 同年1月に100兆ジンバブエ・ドル札が発行される。しかし、猛烈なインフレの進行により、2月には100兆紙幣でパン1斤すら買えなくなった。行政、医療、教育システムは崩壊し、同国民は大変な辛苦に見舞われた。

 上述のように、最近はハイパーインフレの国が珍しくなったため、ジンバブエの100兆紙幣は一時期マニアのあいだで人気があった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧