ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

JAL再上場前に駆け込み増資
ANAの“荒業”は吉と出るか?

週刊ダイヤモンド編集部
2012年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2100億円という巨額増資を決定した全日本空輸。株主に報いる責務は重い
Photo by Toshiaki Usami

 全日本空輸(ANA)が、2100億円の公募増資を決定した。

 ANAは過去にも2006年、09年に大型増資を実施しており、それに続くもの。中でも2100億円という額は最大規模になる。

 巨額の資金調達の使い道は何か。

 第一に航空機の購入だ。ANAはローンチカスタマー(最初の発注者)となったボーイング787など約80機の航空機を発注済みで、5800億円の資金を必要としている。その購入資金に充てる。

 第二がアジアへの戦略投資である。会社更生法の適用により日本航空(JAL)が業績を劇的に改善させており、「JALと同じことをしていたのでは差別化できない」(ANA幹部)と危機感を強めている。

 JALは欧米への長距離路線を強化するとしている。そこでANAは、それとは別のアジア地域へ重点的に投資する方針で、具体的にはアジアの航空会社や空港への出資を検討している。

 第三が財務体質の強化だ。ANAの12年3月末の自己資本比率は27.4%で、「盤石な財務体質というには、世界のエアラインの平均である30%は欲しい」(アナリスト)という指標を下回っている上、法的整理を経て身軽になったJALの35.7%に比べても見劣りする。

 今後は、航空自由化の流れや羽田・成田空港の発着枠の増加、LCC(格安航空会社)の台頭でますます競争が激しくなる。その前に経営体力を強化しようというものだ。公募増資で、自己資本比率は27%から35%に回復することが見込まれる。

 だが、ANAを増資に踏み切らせたのは、それだけではないようだ。JALの再上場前というタイミングを意識してのことである。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧