ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第54回】 2012年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

危険水域

1
nextpage

第3章

26

 さらに、と鈴木頭取は続けた。

 「ヘッジファンドによる日本国債の空売りが激しくなっています。安泰といわれていた日本国債にも不安要素が広がり、個人所有者の中には手放す者も相当数いるようです。このままでは我が行の所有している日本国債も非常に危ない状態です。どういう形でもけっこうですから、政府保証をいただけませんか」

 他行の頭取たちも総理にすがるような視線を向けている。その裏には、銀行は政府の指示で日本国債の大量購入を行ったという意識があるのだろう。

 「その上、株価も急激に下落しています。我が行、いや日本の全ての銀行の資産内容は一夜にして危険水域です。このままの状況が続くと、再度、政府基金の導入ということにもなりかねません」

 「日本経済に対する見方が非常に厳しくなっている状況です。日本国内から見れば、まだまだ余裕はあるのですが、問題は海外の目です。海外の投資家や企業は日本経済を単に表面的な数字でしか判断しません」

 「その通りです。債務総額が収入の1・5倍ある。GDPがここ数年、連続して下がっている。政府の明確な経済対策が見えない、などです。おまけに、昨日の世界に流された地震、火山噴火予知情報騒ぎです。これは痛かった。銀行には大丈夫かとの問い合わせが絶えません。最後のとどめのように株価の軒並みダウンと円安です。さらに日本国債の信用度ランクの低下が懸念されています」

 頭取たちが勝手なことを話し始めた。

 「政府に求めているのは何なのです」

 総理の声に頭取たちは顔を見合わせている。

 結局、頭取たちとの面会は予定の10分より20分以上伸びてしまった。

 総理との会談の間も頭取たちはしきりにポケットを気にしていた。携帯電話への着信が絶えなかったのだろう。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧