ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!
【第1回】 2012年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
浅井秀一 [ファイナンシャル・プランナー(CFP)]

住宅ローン金利、史上最低水準に!
~「借り換え」の最大のチャンスがやってきた~

1
nextpage

「ゆとり返済」の危険性に最も早く警鐘を鳴らし、かつて「繰り上げ返済・借り換えブーム」の仕掛け人となった、ファイナンシャル・プランナー・浅井秀一。平成24年7月、住宅ローン金利が史上最低水準になったいま、「最大の借り換えチャンス」ともいうべき状況がやってきていると著者は主張します。固定金利どうしの場合、いま返済している住宅ローンより実質金利が「0.3%程度」以上低ければ、大きな借り換え効果が確定するとのこと。「最大の借り換えチャンス」がやって来たいま、では借りている住宅ローンをどうすべきか、5回にわたって解説します。

住宅ローンの「借り換え」で、可処分所得の減少分を取り戻そう!

浅井秀一(あさい・しゅういち)
[ファイナンシャル・プランナー(CFP)]
1964年、愛知県生まれ。福井県高浜町育ち。早稲田大学第一文学部卒業。1988年に学生では初の日本FP協会の会員となる。現在は、主に個人のプランニング業務を中心とする、(有)ストックアンドフローの代表取締役として活躍中。 著書には、借り換え・繰り上げ返済ブームをおこしベストセラーとなった『住宅ローンは、いま借り換え・繰り上げ返済しなさい!』(ダイヤモンド社)、『図解わかる住宅ローン〈2012‐2013年版〉』(新星出版社)、『佐藤江梨子と浅井秀一のいちばんやさしいマネープラン』(日本経済新聞社)などがある。

  長引くデフレの影響で給与が増えないどころか、社会保険料の引き上げ(この3年間で、年収の1.5%相当の負担増!)によって、可処分所得は低下を続けています。
  さらに、子育て世代に対しては、年少扶養控除の廃止による増税と、旧子ども手当の減額というダブル・パンチも民主党政権はお見舞いしてくれました。

 そのうえ、マニフェストになかった消費税率の引き上げを断行。平成26年4月に8%、翌27年10月には10%へと引き上げられる見通しとなっています。

 どうして、このようなことになってしまったのか…。とにかく、民主党政権になってから、家計にとって、まったくいいことがなかったのは明白でしょう。

 しかし、嘆いてばかりいても、現状は好転しません。家計を防衛するために、できることはすべて実行に移すことが大切です。なかでも住宅ローンを返済している人にとっては、ほとんどのケースで、いま、住宅ローンの「借り換え」を行うことが最も効果的な方法になるはずです。

  現在の住宅ローン金利は、史上最低といえる水準にまで低下しています。
  変動金利型は「ゼロ%台」の金利が当たり前の状況ですし、固定金利選択型ローンのうち、当初10年間の金利を固定にする「10年固定」でも1%台前半の金利を提示する金融機関は珍しくありません。
  また、全期間の固定金利型ローンも実質金利で2%強の水準
となっています。

  いま返済している住宅ローンとの金利差が、0.5%~1%程度ある場合、ローン残高や残りの返済期間によっても異なりますが、年間で5万円~20万円程度は返済額を減らすことができます。
  また、固定金利どうしの借り換えなら、実質金利の差がわずか0.3%程度であっても、今後の返済総額では100万円前後の負担軽減が十分に期待できるでしょう。

 住宅ローンを返済している人は、「史上最低金利」という、この最大のチャンスを逃してはなりません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


浅井秀一(あさいしゅういち) [ファイナンシャル・プランナー(CFP)]

1964年、愛知県生まれ。福井県高浜町育ち。早稲田大学第一文学部卒業。1988年に学生では初の日本FP協会の会員となる。現在は、主に個人のプランニング業務を中心とする、(有)ストックアンドフローの代表取締役として活躍中。 著書には、借り換え・繰り上げ返済ブームをおこしベストセラーとなった『住宅ローンは、いま借り換え・繰り上げ返済しなさい!』(ダイヤモンド社)、『図解わかる住宅ローン〈2012‐2013年版〉』(新星出版社)、『佐藤江梨子と浅井秀一のいちばんやさしいマネープラン』(日本経済新聞社)などがある。


いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!

平成24年7月、住宅ローン金利が史上最低基準になりました。固定金利どうしの場合、いま返済している住宅ローンより実質金利が「0.3%程度」以上、低ければ総額100万円以上の借り換え効果が確定するでしょう。「最大の借り換えチャンス」が、いまやって来ました!

「いますぐに、住宅ローンを借り換えしなさい!」

⇒バックナンバー一覧