ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊 上杉隆

消費税論議もまともにできない
幼稚なエリート層を持った日本社会の不幸

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]
【第7回】 2012年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ゴルフダイジェストの取材で英国に行ってきたため先週はお休みをもらった。

 全英オープンの会場であるロイヤルリザム&セントアンズには一日5万人以上の観客が世界中から訪れる。マンチェスターの北西70キロ、アイリッシュ海沿いの田舎町は一気にお祭り騒ぎに包まれた。

 英国経済は絶好調とは言い難いもののかといって不景気とも言えない。確かに、市民生活はインフレで圧迫されているものの、2012年、国内各地で続く多種多様なイベントが、なんとはなしに国民の中に盛り上がりの空気を作っている。

 ロンドンでのオリンピックは言うに及ばず、エリザベス女王即位60周年、リバプールでのビートルズ誕生50周年、そして例年開かれるウィンブルドンでの全英オープンテニスなどもそうだ。もちろん、英国各地を移動する全英オープンゴルフもその例に漏れない。

 こうした伝統と文化を継続させるイベントコンテンツを持っている国は強い。住民参加のみならず、世界中から人を集めることで、地域経済の活性化や雇用の創出なども見込め、さらには税収増も期待できる。

 実際、ロンドンオリンピックの開催費用は、当初見込みの3倍が見込まれ、ロンドン市にとって財政的な負担になっている。住宅費や公共交通が上昇し、市民の不満も頂点に達しているが、それをオリンピックによる景気刺激策によって、ある程度まかなおうとしているのだろう。

 英国にはそうした武器となる文化があるのがうらやましい。いや、米国ほどではないがそれを活かすのがうまいのかもしれない。

 そのためには、官・民、そしてメディアも一体となって、それぞれの「祭典」を盛り上がるのに一役買っていることが大きい。

 翻って日本はどうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上杉 隆 [(株)NO BORDER代表取締役]

株式会社NO BORDER代表取締役。社団法人自由報道協会代表。元ジャーナリスト。1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局記者、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者、フリージャーナリストなどを経て現在に至る。著書に『石原慎太郎「5人の参謀」』 『田中真紀子の恩讐』 『議員秘書という仮面―彼らは何でも知っている』 『田中真紀子の正体』 『小泉の勝利 メディアの敗北』 『官邸崩壊 安倍政権迷走の一年』 『ジャーナリズム崩壊』 『宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く』 『世襲議員のからくり』 『民主党政権は日本をどう変えるのか』 『政権交代の内幕』 『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 『暴走検察』 『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』 『上杉隆の40字で答えなさい~きわめて非教科書的な「政治と社会の教科書」~』 『結果を求めない生き方 上杉流脱力仕事術』 『小鳥と柴犬と小沢イチローと』 『永田町奇譚』(共著) 『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』 『この国の「問題点」続・上杉隆の40字で答えなさい』 『報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪』(共著) 『放課後ゴルフ倶楽部』 『だからテレビに嫌われる』(堀江貴文との共著)  『有事対応コミュニケーション力』(共著) 『国家の恥 一億総洗脳化の真実』 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 『大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実』


週刊 上杉隆

芸能・スポーツから政治、原発問題まで、(株)NO BORDER代表・上杉隆が鋭く斬り込む週刊コラム。

「週刊 上杉隆」

⇒バックナンバー一覧