ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「地球の歩き方」について考えよう!
【第1回】 2012年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん,石谷一成

ちきりんさんも「地球の歩き方」のライターだった!?

1
nextpage

人気ブロガー・ちきりんさんの今回の対談相手は、『地球の歩き方』の編集に長年たずさわってきたダイヤモンド・ビッグ社の取締役編集担当・石谷一成さん。1982年に入社し、94年から『地球の歩き方』を担当。『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』(大和書房)を書かれたばかりのちきりんさんと、縦横無尽に「地球の歩き方」について語ってもらいました。

就職間際のオファー

ちきりん 今日はよろしくお願いします。私は最近、大和書房さんから『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』という本を出しまして、その本のなかにも書いてあるんですが、私自身も80年代の半ばくらいからいわゆるバックパッカー的に宿泊先の予約もせずに航空券だけ買ってヨーロッパから共産主義の国々、アジア、南米と50ヵ国ほどを回ってたんです。

石谷一成(いしたに・かずなり) ダイヤモンド・ビッグ社取締役編集担当 1982年中央大学法学部卒業。ダイヤモンド・ビッグ社入社後、人材採用事業部を経て「地球の歩き方」編集部へ。ガイドブック、MOOK、雑誌「地球の歩き方マガジン」などの編集に携わり、主に東南アジア、ハワイ方面を担当。2011年より現職。

石谷 それはすごい。旅の達人ですね。

ちきりん 最初の頃から『地球の歩き方』はよく利用させていただきました。その頃は、バックパッカーに便利なガイドブックが他にほとんどなかったですよね。

石谷 たしかに。このシリーズは、バックパッカー向けのガイドブックとしては先駆け的な存在でした。

ちきりん じつは大学の頃にビルマとかべトナムとかに行って、現地の情報を『地球の歩き方』に投稿して載せていただいたことがあるんです。掲載誌を送っていただいてスゴク嬉しかった記憶があります。
  それと、就職が決まったあとだったのでお受けできなかったんですけど、ダイヤモンド・ビッグ社さんからお電話をいただいて、「ビルマとかラオスのあたりをぐるっと回ってきて、情報をまとめてくれないか? 1ヵ月くらい行ってきてくれたら、ちょっとだけお礼も出しますよ」という電話をいただいたんです。電話をいただいたのが卒業直前で、4月から就職して社会人として働く予定だったので、「残念ながら……」という感じで断わってしまいました。もし1年早くご連絡をいただいていれば、人生が変わって、いま頃、トラベルライターになっていたかもしれない(笑)。

石谷 そんなことがあったんですか?

ちきりん はい。それで今回、『地球の歩き方』の編集責任の方に詳しいお話をうかがえるということで、楽しみにやってきました。このブランドをどう作り上げてこられたのか、直接、うかがえればと思っています。

石谷 はい、こちらこそよろしくお願いします。ところで、弊社がちきりんさんに東南アジアに行ってこないかと?

ちきりん  はい。1ヵ月くらいかけて、インドシナを中心に東南アジアを回ってくる気はないですか?というお話でした。

石谷 担当は安松?

ちきりん よく覚えてないんですけど、男性の方です。そうだったのかもしれません。

石谷 彼が初代の編集長で、東南アジア関係を担当していました。

ちきりん そうなんですか。旅行も書くことも好きだったからとっても悩んだんですが、卒業の年の3月頃お電話をいただいて、5月くらいに行ってこないかというお話だったと記憶しています。4月から就職だったので、「それはちょっと人生かかってますよね……」って感じで、お受けするのがむずかしかったんです。当時は何人で編集をしていたんですか?

石谷 4人ですね。小さな所帯でした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 

石谷一成(いしたに・かずなり)

取締役編集担当 1982年中央大学法学部卒業。ダイヤモンド・ビッグ社入社後、人材採用事業部を経て「地球の歩き方」編集部へ。ガイドブック、MOOK、雑誌「地球の歩き方マガジン」などの編集に携わり、主に東南アジア、ハワイ方面を担当。2011年より現職。

 


「地球の歩き方」について考えよう!

人気ブロガー・ちきりんさんの今回の対談相手は、『地球の歩き方』の編集に長年たずさわってきたダイヤモンド・ビッグ社の取締役編集担当・石谷一成さん。『世界を歩いて考えよう!』(大和書房)を書かれたばかりのちきりんさんと、縦横無尽に「地球の歩き方」について語ってもらいました。

「「地球の歩き方」について考えよう!」

⇒バックナンバー一覧