ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
自分のアタマで考えよう
【第3回】 2011年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
ちきりん

結論の出ない会議の秘密

1
nextpage

世の中では毎日、あらゆる会社で「会議」が行なわれています。そして、その多くがムダな時間であることは、皆さんも実感されていることでしょう。なぜこのようなことが起きているのでしょうか?
今回はよくある日本企業の会議を例に、「意思決定のプロセス」の重要性を見ていきましょう。

超重要プロジェクトがはじまった!

 会社でこんな経験をされたことはないでしょうか?

 ある日、社長から経営企画室長に「例の新規事業に今年こそ乗り出すべきか、社内で早急に検討してほしい。我が社の命運がかかっている」という指示がありました。

 業界でも大きな話題となっている注目分野への進出に関する判断ですから、全社横断的にメンバーが集められ特別チームが編成されることになりました。リーダーは経営企画室長である常務、社内からは、技術部門、営業部門、海外部門、法務部門、財務部門など主要部門の精鋭メンバーが呼び集められます。

 初回の会議で経営企画室長は重々しく、プロジェクトの背景や、社長がどれほどこの件を重視しているか、また今後の進め方などを説明し、メンバーからの質問に答えます。数時間後、会議終盤には各部門にそれぞれ課題が出され、1週間後に再度集まって検討することになりました。

 1週間後の第2回会合。技術部門が最新の技術動向についてプレゼンします。続いて法務部門の担当者が特許上の懸案事項について補足、財務部門は資金調達の選択肢について説明し、海外部門が米国の顧客動向について報告します。

 さすが精鋭メンバー!どの調査も質が高く、参加者も真剣に耳を傾け、活発な質問も発せられました。普段知る機会の少ない他部署の仕事について初めて学び、大いに勉強になったと興奮気味の若手メンバーもいます。

 2時間後に会議は終了。手元のメモを見ながら、司会の企画室長が次回までに必要な作業をまとめました。「では次回、海外部門は欧州市場について報告をお願いします。あと、技術部門は耐久性の観点から補足調査を。それと法務部門には米国での係争案件について最新情報を把握しておいてほしい。それから……」と続きます。 

次のページ>> 積み上がるレポート
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ちきりん

関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。 2005年開設の社会派ブログ「Chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。 シリーズ累計23万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)、『「自分メディア」はこう作る! 』(文藝春秋)など著書多数。

 


自分のアタマで考えよう

月間100万PVを誇る人気ブログ「Chikirinの日記」の筆者の、初めて書き下ろしとなる『自分のアタマで考えよう』。その読みどころを全5回(予定)の連載で紹介します。 同書で紹介されるのは、ユニークな記事を生み出す「ちきりん流」の思考のルールです。プロ野球の将来性、結論が出ない会議の秘密、就活で失敗しない方法、自殺の最大の原因、電気代の減らし方など、さまざまな社会問題や日常の疑問を題材に自分のアタマで考える力を身につけていきます。出口治明氏(ライフネット生命保険社長)、安宅和人氏(『イシューからはじめよ』著者)など、第一線の経営者・ビジネスマン・コンサルタントも絶賛する思考のワザの一端を味わってください。

「自分のアタマで考えよう」

⇒バックナンバー一覧