ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

開発初期の薬はすべて効果を予測する診断薬付き
「がんは個別化医療が当たり前になる」
――ノバルティス・がん事業部門プレジデント
アーヴェ・オプノー氏インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2012年8月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

がんの薬物治療が飛躍的に進歩した契機は10年前、がん細胞の増殖や転移にかかわる部分だけをピンポイントで攻撃する「分子標的薬」と呼ばれる薬の登場にあった。以来、製薬産業の戦略はどう変化しているのか、薬物治療の革新はさらに続くのか。がん治療薬市場で世界2位(売上高ベース)に君臨する製薬大手ノバルティス(スイス)のがん事業部門プレジデント、アーヴェ・オプノー氏に聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山本猛嗣、臼井真粧美)

――ノバルティスは2001年に分子標的薬の先駆けである慢性骨髄性白血病(CML)治療薬「グリベック」を国内で発売しました。CMLの進行を劇的に抑えるグリベックは消化管間質腫瘍(GIST)など複数のがんの治療薬として使われ大型医薬品となりましたが、もともとは患者数が少ないCMLの治療をターゲットにしたニッチの薬。がん領域では、製薬大手各社がこれまで稼ぎ頭としてきた生活習慣病薬のように患者数の多い病気ではなく、患者数の少ない病気が開発ターゲットになるのでしょうか。

アーヴェ・オプノー(Herve Hoppenot)
仏ローヌ・プーラン(現サノフィ)を経てノバルティス入社。ノバルティス最大のビジネスユニットであるノバルティス オンコロジー(オンコロジー事業部門)のプレジデントを務める

 がんは患者数の少ないレアな病気(タイプ)の集合体。そう表現するのは、医療技術の進歩によって乳がん一つをとってもいくつものタイプに分けられるようになったからです。現在ではがん細胞にホルモン受容体がある患者にはホルモン療法、HER2というタンパクが多く現れる患者にはHER2を標的にした分子標的薬が有効とされ、同じ乳がんでもタイプによって治療法は異なります。複数あるタイプの一つひとつの原因解明や治療法開発に努めて最終的に多くの患者を救うことが、持続的かつ社会的に有意義なビジネスの姿ではないかと思います。

 当社ががん領域で販売あるいは開発している薬の多くは、患者数の少ない病気を治療するものです。それでもがん治療薬全体の売上高はとても大きく、当社の医療用医薬品売上高2兆6000億円(2011年)の3分の1を占めます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧