ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陰山 英男|和田裕美 カリスマに聞く!結果を出す仕事術・手帳術

世界No.2セールスウーマン和田裕美が教える手帳と時間の使い方

和田裕美 [営業コンサルタント]
【第2章】 2007年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「世界No.2セールスウーマン」の和田裕美氏は、自らの営業活動の中で目標の達成率アップ、効率アップのために実践してきたことを採り入れて手帳をプロデュースしている。カリスマの仕事術・手帳術から、仕事と人生を豊かにするヒントを得てほしい。

 私の営業のスタートは、日本ブリタニカという会社で、完全歩合で英会話スクールと教材の販売をすることでした。お客さまからYesがいただけないと、収入はゼロ、いえ、交通費など自己負担の経費を考えると赤字になってしまうという厳しい世界です。

 そんななかで、人見知りで電話をかけるのも怖かった私が、世界142支社中No.2になり、独立して会社を設立し、今では営業コンサルタントとして様々なクライアント企業の営業組織づくりに携わることができるようになったのは、上司から教えられた仕事に対する考え方と、そして私なりに試行錯誤しながら身につけてきた仕事術(“術”というほどのノウハウでもありませんが)のおかげかな、と思っています。

 まず私が強調したいのは、どんなノウハウも気持ちが前を向いていないと役に立たないってこと。私はブリタニカ時代のボスから、どんなことも「よかったじゃないか!」と明るいほうへ“陽転する”考え方を教えられました。ゴール設定し、目標に向かってわくわくしながら進むんだ、という考え方になれば、あとは自分に合った仕事術や時間術をとり入れていけばいいだけです。

 私がプロデュースした『W's Diary和田裕美の「売れる!」営業手帳』は、結果を出すために私がやってきたことをとり入れてつくりましたが、とくに気持ちを前向きに保つために、月初めや週の初め、そして月末の追い込みの時期に、こころが元気になれそうな言葉を書き込みました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

和田裕美(わだ・ひろみ) [営業コンサルタント]

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらうという「ファン作り」営業スタイルを構築し、オリジナルの営業手法によって日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。 短期間に昇進を重ね、女性初、最年少で2万人に1人しかたどりつけないと言われる支社長となる。その後、企画室長、マーケティング部長、最後には最年少の営業部長となり、全国20支店、100名を統括する立場となる。当該企業の日本撤退に伴い独立。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。 著書は女性ビジネス本の先駆けとなった『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』はじめ、『幸せをつかむ! 時間の使い方』『人づきあいのレッスン』『「やる気」が出るコツ、続くコツ』(以上、ダイヤモンド社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)、『失敗してよかった!』(ポプラ社)など多数。


陰山 英男|和田裕美 カリスマに聞く!結果を出す仕事術・手帳術

「時間の使い方」は仕事の成否を決める重要なテーマ。「陰山メソッド」の陰山英男氏と「世界No.2セールスウーマン」和田裕美氏が語る仕事術、手帳術とは。

「陰山 英男|和田裕美 カリスマに聞く!結果を出す仕事術・手帳術」

⇒バックナンバー一覧