ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】TOTO
インドネシアでもシェアトップ
“超”現地化経営の強さとひずみ

週刊ダイヤモンド編集部
2012年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国で高級ブランドとしての地位を確立したTOTOは、中国進出する日本企業の手本にもなっているが、インドネシアでも実はシェアトップ。製造・販売共に地域に根差した“究極の現地化”経営をレポートする。(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)

 中国の上海にあるTOTOショールーム。その2階展示スペースで自動開閉するトイレのふたに熱い視線を注ぐ新婚夫婦は「ほう……」と感嘆のため息を漏らした。

 中国に15ある大型ショールームは週末になると夫婦や家族連れが押し寄せ、彼らは高級感に溢れた商品群に魅了される。

 「TOTOのトイレを自宅に置くのが夢だ」という新婚夫婦が1階に下りると、そこは販売代理店の即売所。夫婦は電卓を持った店員に「他社製品のほうがずっと安いんだよね」ともったいをつけながら、価格交渉を始めた。

 日本でTOTOのトイレといえばシェア60%を占める“おなじみ”の存在だが、中国では憧れの高級ブランドである。その中国でのビジネスは、今やTOTOの成長を牽引する柱になっている。

中国のショールームは高級感溢れる作り。週末はまるでバーゲン会場のように多くの人でにぎわう

 売上高を見ると、主力である国内は新築の落ち込みをリフォームでカバーするものの、市場そのものは頭打ちだ。一方で新興国を中心とした海外市場は成長余地が大きく、稼ぎ頭である中国の営業利益率は21%にも上る(図参照)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧